メディアの光と影

| コメント(0) | トラックバック(0)

media.jpg

  

私はTVのニュースは見ません。

対象としている視聴者層は年寄りですからね。

  

そのかわりグーグルニュースなどでチェックするわけですが・・

     

で物足りないときは?

というと、東洋経済オンラインなど。

皆さんはどこ見てますかね?

           

ハフィントンポストとかもありますが・・

トップページのレイアウトを見ると、うーん。

こちらで見ると日本ではハフィントンポストは256位

ブロゴスよりはいいですけどね。

     

じゃあ中身は?ということで・・ちょっと変わった記事はというと 

 

「史上最大の素数」まさかの書籍化

ISBNコードも取得済みの正式な本で、税込み1944円。

この「2017年最大の素数」は、1月13日からはAmazonでも購入可能だ。

ページ総数は、実に719ページ。電話帳サイズの本の中にびっしりと細かい文字で2324万9425ケタの文字が書いてある。

 

ちなみにこれまでに何冊売れたかというと質問に対し・・

あなたが世界で初めてです。(笑)    

 

こちらが本家のHuffingtonPost

本家も当初は、ブログ以外の記事はリンクかパクリ記事めいた内容が少なくなかったサイト。(笑)

それがいまや、210人のスタッフを擁しているという。

        

こちらにハフィントンポストに関しての解説あり > ハフポスト、人気の源だったブログ投稿を廃止

欧米では破竹の勢いだったBuzzfeed、Vice、Mashableといった有力デジタルメディアにも陰りが見え始めているといいます。

 

こうしたデジタルメディアは、トランプが盛んに口にしている fake news にならないように、頑張らなければなりません。

そのためには、記事の質の高さで勝負しなければ、生き残れない時代になってきたということなんでしょうね。

  

時間をかけた割には、イマイチなエンディングになってしまいました。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2018年1月23日 10:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「週末雑感」です。

次の記事は「今日の切れ端」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7