喉風邪撃退作戦

| コメント(0) | トラックバック(0)

0104clinic01.jpg

医療機関のあるフロアは、マンションとは別棟にある。

なので一度外に出てからこの入り口から入館する。

 

0104clinic02.jpg

この先のエレベータで4階へ・・

0104clinic03.jpg

なかなかしつこい、今回の喉風邪

やはり薬を貰った方がいいだろうということでアサイチで、年末年始の休み明けに

おおかど循環器クリニック」へ行ってきました。

 

0104clinic04.jpg

とはいえ近いので、地の利を生かし、9時オープンの30分前にGO。

一番乗りだろうと行くと・・前回も同じ人が、先に来てるんだよねえ・・

誰なんだ?!(笑)

 

0104clinic05.jpg

何故かピントが・・(笑)

とはいえ、この時間に行くと、ほぼ待ち時間なし。

0104clinic06.jpg

待合室のショット > 手前と左側にもソファあり。

2番目の診察で、前回とほぼ同じラインナップの薬を処方して貰いました。

ライフデジタル治療器だけより効果があるからね。 

0104clinic07.jpg

同じフロアにある調剤薬局で、処方された薬を購入。

0104clinic08.jpg

喉の痛みにはリンデロン錠が凄く効く。

だけれど、前回は3日分だけ。

余り長く続けると、やめるときに徐々に減らして行かないと、リバウンドが来るという。

今回は5日分。

これくらいなら急にやめても大丈夫だという。

0104clinic09.jpg 

早速丸一日服用を再開したが、朝起きると今日はかなり調子よし。

  

このブログでも書きましたが、昔神戸へ引っ越してきたとき、恵比寿ガーデンプレイスクリニック内で開業した「TENTEKI 10(てんてき・てん)」の事を、話したことがあったのですが・・

疲れた体には「10分点滴」!? 点滴専門スペース「TENTEKI 10」体験リポート

表参道に点滴専門スペース「TENTEKI 10」-都心部3店舗目

点滴テンという点滴バーの話をしたところ早速導入、このシステムを採用されたという、なかなか前向きな先生だ。

    

ブログも書かれていますが、オオカド先生は気さくな先生。

英語もペラペラだしね。

  

というわけで、今日は朝からこういう記事を書く元気があるというわけです。(笑)

 

ライフデジタル治療器を、例の周波数で稼働させて2日目だしね。

こちらでゆうさん から引き続き、ありがたいコメントをいただきました。

  
ライフは医者が休みの時にはほんとに助かりますね(^^)

>ライフは風邪にも効くんですね

波動治療器はウィルスに強いそうです。
そのウィルス特有の周波数で共鳴させることで体内のウィルスだけを破壊してしまうのでしょうか。
主人がインフルエンザに罹った時は医者の薬とライフのインフルエンザ単独のコードの併用で治りが早かったです。

ライフの周波数コード表の英語表記は医学用語?も多いらしく、その場合は単純に日本語病名を英訳しても見つけにくいそうです。

私は主人がコツコツ翻訳したものを利用していますのでもし次回見つけにくい病名がありましたらご連絡下さい。

 

ありがたいお申し出なので、何かありましたら、相談しますのでよろしくお願いします。

というわけで、ライフ治療器の効き具合も引き続きレポートします。

   

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2018年1月19日 09:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「デタラメなインフルエンザ治療」です。

次の記事は「今日の切れ端」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7