シングルタスクとマルチタスク

| コメント(0) | トラックバック(0)

1224multitask.jpg

  

今年のマーケットも残るはあと1週間ほど。

QMALL・先週のパフォーマンスは少しパフォーマンスは下がってしまった。

マーケットの地合いが悪かったせいだ。

    

それでも一日の平均利益は1560ドル

1週間では7800ドル

月収3万1200ドル。

     

世の中の大半の仕事は、シングルタスク。

   

たとえば接客業なら、顧客の希望を一対一で解決すればいいわけだ。

だが、トレーディングでは、短時間のうちにいくつもの項目について考え決断し、実行しなければならない。

つまり複数の条件を超短時間のうちに考え、決めなければならないのだ。

   

これは音楽を演奏するときと少し似ているのかもしれない。

参加するミュージシャンは、他のメンバーのサウンドを聴きながら、リズムや和音に合わせて演奏しなければならない。

これも、一種のマルチタスクと言っていいだろう。

  

だが、コード進行などはある程度決まっているので、突発的に変化することはない。

マルチタスクといえどもいわゆる予定調和の世界なのだ。

   

トレーディングでは特に開始から6分間は、30秒刻みで10銘柄を見ながら、次々と決断をしなければならない。

30秒後にどういうアクションを撮るのかを決め、なおかつそれを実行できなければならない。 

 

しかも毎日違う銘柄が10銘柄登場するわけで、30秒ごとの動きも、同じ動きをすることは皆無だ。

そのため、動きは予測ができないわけだ。

 

とは言っても、そこに参加している人たちの心理状態の変化によって、あるパターンというものが発生する。

なぜならトレードをしている人達は、欲と負けたくないという恐怖心から、ある腫の心理的なパニックが起こるからだ。

 

これをフォーメーションと呼んでいる。

  

トレーディングでは、基本となるルールがある。

そのため、実際のマーケットで、ルールを守る訓練をしなければならない。

   

自分がエントリーした方向の反対色が出たら、次でカットロスをする。

それが150ドル以内ならホールド。

  

まずはこの単純なルールを実行できるかどうかだ。

 

反対色が出たら次で逃げる練習をするわけだ。

  

まずは150ドルという基準は関係なしで、反対色が出たら次の足の頭で逃げる

つまりカットロスだ。

これができるようになることだ。

  

150ドル以下で逃げたからといって、利益を取り損ねたケースがどれだけあるのか?

自分の過去のトレードでこれを調べ、リストにしてみればよくわかるはずだ。

   

現在トレーニング中の彼の2017-12-22(金)トーレド検証を見てみよう。 

ostk.gif

OSTK 1000株 ▼2450ドル 始値が60ドル以下だったので1000株でエントリーしたことと、5本目の激しいリバーサルを躱すことができずに大幅なロスとなる。その10分後にはプラスに戻しているのをチャートで見ると複雑な気分。

ポジションサイズが半分でも1220ドルのロスだ。

ルールを守ることができれば・・↓ 

ostk.gif

OSTK 500株 ▼80ドル

  

この違いは大きい。

一本遅くなるだけでこれだけの違いが出るわけだ。

  

  

csco.gif

CSCO 1000株 ▼180ドル ロスが150ドルを超えたので損切り。

この陰線1本が出た時点でのロスは150ドル以下でも、もう一本続けば確実に150ドルは超えると予測できるだろう。

csco.gif

CSCO 1000株 ▼120ドル

  

  

csx.gif

CSX 1000株 290ドル 3本目まで様子を見たら大きく下げて損切り。

2本目の陰線が終わった時点でのロスは150ドル以下だ。

だが、これももう一本同じ色が続けば確実に150ドルは超えると予測できるだろう。 

それに、ロス幅が150ドル以下でも+236ガイドラインを切ってしまっている。

あおのため、反転する可能性は限りなく低いと予測できるだろう。

   

csx.gif

CSX 1000株 ▼120ドル

  

  

hsc.gif

CSX 1000株 290ドル 3本目まで様子を見たら大きく下げて損切り。

ルールを守れば3本目まで様子を見るということはないはずだ。

反転すれば次の足の頭で逃げる。

これが基本だ。

最初の陽線がこれだけの幅があると、もう一本陽線が続けば、150ドルは超えるはずだ。

そのため、それまでに逃げたほうがいいわけだ。

   

hsic.gif

HSIC 500株 ▼70ドル

 

 

pypl.gif

PYPL 500株 ▼130ドル 5本目で大きく上げたたため損切り。

 

4本目の陽線が前の陰線を呑み込んでしまっている。

つまり次の頭で逃げないとダメ。

損益表に色が付いていないということは、逃げた足が動いているのを見ていたと言うことだ。

  

pypl.gif

PYPL 500株 ▼90ドル

     

    

スキルは一度に一つずつ身につける

    

これは今までにも、多くのトレーダーに繰り返してアドバイスをしていることがある。

最初から、全部まとめて判断できるようになろうと考えないことだ。

    

カットロスができるようになったら次に、損益表がオールグリーンになる訓練をする

つまりすべて待ち受けて執行できるようにするわけだ。

 

この習慣を身につけることは意外に大事。

   

2週間でも3週間でもひたすら、オールグリーンになるように訓練をする。

つまりすべて待ち受け執行をするということなのだ。

それを体に覚えさせる。

  

そうすれば、逆サイドに大きく伸びたので慌ててカットロスをする、ということは起こりえないのだ。

     

11月10日にオールグリーンというコラムで、このことを指摘している。

1カ月も続ければできるようになっているはずだが、彼は途中でやめてしまったのだろうか。

allgreenlist.gif

上野執行記録を見ると、手じまいが行き当たりばったり・・

ということがよくわかるだろう。

  

以上の二つが確実にできるだけで、トータルの成績は大きく伸びるはず。

  

多くのトレーダーは、確実にそのスキルを実行できる前に、他のことも同時に考え、実行しようとする。

シングルタスクしか実行できないのに、いきなりマルチタスクができるようになるだろうか?

  

シングルタスクを、繰り返すことで潜在意識のなかに、やるべきことを埋め込むわけだ。

そうすることで無意識のウチに、次に何を考えなければならないのかが、脳裏へ自然に浮かぶようになる。 

   

トレーディングは良い習慣を身に着けることが肝心。

言い換えれば「ルールを守る」ということなのだ。

   

そんな簡単なことは、すぐできる。

と思ってしまうと、じっくりとその技術を身に着けることが中途半場になってしまう。

  

意識を一つのことだけに集中させ、その技術を身に着ける。

これを淡々とできるかどうかだ。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年12月27日 08:31に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「喉風邪」です。

次の記事は「ALS進行押戻作戦101日目-107日目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7