喉風邪

| コメント(0) | トラックバック(0)

1224shosei01.jpg

どうやら、風邪を引いたようだ。

    

一カ月ほど前に、幼稚園のそばで一度引きかけたのだが、市販の薬でごまかしていたのだ。

だが気管支のあたりがムズムズした状態が続き完治せず。

 

そこへ、金曜に幼稚園のそばで、どうやらやられてしまったようだ。

          

だが、幸いなことに年末年始の準備がようやくほぼ完了していたのが不幸中の幸い。

 

娘の出産予定は明日の26日。

この年末年始は、すべてこのイベントが中心となるため、いつもとは勝手が違う。

           

昨日は午前中に息子をショートステイのためドロップ。

午後にダンナが日本へ到着し、チビと関空へ出迎え。

その足でケーキと食べ物のピックアップ。

      

さすがに昨日はあまりにも喉が痛いので、市販の薬でごまかしてやり過ごしたのだが・・

ものを呑み込めないほどの痛みなので、今日の朝一番、4階にある循環器科へ。

   

先生・・「珍しいですねえ」と開口一番。

「やられました」と苦笑い。

   

どうしたんでしょうね。

って聞かれても、こちらが聞きたいくらいだ。(笑)

   

診察後ビタミン点滴をしてもらい、薬をもらって帰宅。

同じ建物だと、こういうときは、ほんとありがたい。

   

点滴中に運転免許の書き換えのため、認知症の診断テストをしている様子が聞こえてきた。

自分の歳が、怪しく、今年が平成何年かがわからないようだ。

   

さくら・電車・かえる という3つの言葉を覚えてもらい、そのあと100引く7はいくらですか?

と3問ほど。

   

で、さきほどの3つの言葉は何でしたか?

って聞かれても、わからないらしい。

乗り物、植物、動物というヒントをもらってようやく思い出したようだ。

  

そのあとも質問は続いていたが、点滴が終わったので、聞き逃してしまった。

73歳くらいの人らしいが、果たしてテストの結果はどうなったのだろうか?

   

気になるなあ・・(笑)

  

帰宅後薬を飲んでから、トレーナーを着こみ、バイオマットでサンドイッチ状態になって、最高温度で1時間半ほど滝のような汗を流す。 

で、着替えたあと、オフィスで洗濯機を回しながらこれを書いている。

 

娘に「歳なんだから、抵抗力が落ちてるのよ。無理しないほうがいいわよ。」

とねぎらい?(笑)の言葉をかけられた。

  

まあ、確かに疲れが溜まっていたのかもしれない。

   

というわけで皆様も、風邪にはくれぐれも、お気を付けください。   

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年12月26日 06:17に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「HIDバルブ」です。

次の記事は「シングルタスクとマルチタスク」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7