お裾分け

| コメント(0) | トラックバック(0)

share.jpg

   

居酒屋業界初の「おすそ分けシステム」誕生秘話

 

なんと、持ち込み料300円を支払えば、お酒でもソフトドリンクでも、好きな飲み物を何でも持ち込んで大丈夫。

しかも、割りもの用のグラスや氷、水、さらには「炭酸水」までが無料!というサービスだ。 

 

お客さんが持ち込んだお酒、いつも必ず空になるとは限らないわけだ。

そこで残ってしまったお酒を「おすそ分け」用に、お店に置いて帰る。

 

するとそのお酒はお店にストックされる。

 

ストック分は誰もが「おすそ分け料」300円を支払えば、自由に飲んでいい。

というシステム。

 

このフリードリンク制度は、300円の持ち込み料を支払ってお酒を持ってきた人も対象。

   

なので「持ち込みとおすそ分け合わせて600円」ではなく「300円だけ」支払えば、どちらのシステムも利用し放題。

つまり300円を払えば、種類豊富なお酒類が実質飲み放題というわけだ!

  

もちろん1杯ずつお酒を作って出すお店と比べたら、売り上げは下がる。

  

だが酒を作って出す店員を雇う必要がない。

売り上げが下がる分よりも、人件費という固定費の節約幅の方が大きいのだ。

 

つまりランニングコストが下がるというわけだ。

  

      

おまけ

  

手のひらサイズの「通訳機」、想像以上に優秀だった

   

ウェアラブル翻訳機「ili」を中国で使ってきた。間違いなく旅行が2倍・3倍楽しくなる!

海外旅行が変わる?音声翻訳機「イリー」を実際に使って気づいたこと

    

iPodとウォークマンのユーザーに聞いた、スマホ時代に音楽プレーヤーを持つ理由

精白された小麦粉が人体に及ぼす影響とは

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年10月30日 03:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「体調不良の人が増えている?!」です。

次の記事は「酸素カプセルの効用」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7