ウィキへ寄付してみた

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

【知ってた?】Wikipedia(ウィキペディア)に寄付するとこうなる / 自動返信メールがアツい!

という記事もあるのだが・・

 

とりあえず、300円でいいから寄付して欲しいということらしい。

 

Wikipediaはよく利用するし、百科事典を買ったり、図書館へ行ったりする時間と手間を考えると、寄付くらいはしてもいいかなということで寄付してみました。

  

するとこういうメールが送られてきました。

    

このたびは、ウィキペディアとウィキメディア財団へのご支援を頂きありがとうございました。

あなたの ¥5000 のご寄付はウィキペディアを支え、誰もがアクセスできる自由な知識の未来の確保のために役立ちます。

ウィキペディアは力強い考え方のおかげで実現できています。

その考え方とは、世界の知識の構築、そして誰もがどこからでもその知識に自由にアクセスできるようにする作業に、あなたや私のような人たちが参加できるということです。

いまあなたがウィキペディアを何時間でも読んでいられるのは、何百万人というボランティアの寄稿者や支援者のおかげです。

ウィキペディアの記事数は4000万件以上、自由利用が許可された画像数は3500万以上あり、ウィキペディアはほぼどのような疑問にも答えることができ、今までに経験したことのない世界へと皆さんをいざないます。

皆さんの寄付は、自由な知識を現実的で実践的な方法で作成、共有するために使われます。

ウィキペディアを、早く、安全に、世界中の誰もがアクセスできるようにするために。データ通信料金が高く、インターネットアクセスが難しい地域でも、無料でウィキペディアにアクセスできるように。

アナログアーカイブに閉じ込められた知識のデジタル化に努力する人たちを支援するために。開かれたインターネットを脅かす脅威からウィキペディアを守り、自由な知識を守るために。

皆さんのご支援は、あなたがどこにいようとも、今必要な情報を見つけることができるようになることを意味します。

例えば、ディナーパーティで友達と賭けをしてWikipediaで正解を得て決着をつけたり、私たちを囲む世界を理解するために使ったりできます。

Wikipediaに寄付いただくことは、この強固なアイデアを擁護していただくことです。

ウィキペディアは今後も、進化し、成長し、新しい課題に立ち向かっていきます。

私たちは、こうした課題の克服に奮い立ち、さらに前進していこうと考えています。

皆さんの寄付がその支えとなります。

皆さんのご支援にどんなにお礼を言っても言いつくせません。

私たちの将来への投資と、私たちとともに旅をしてくださる皆さんに、ウィキメディア財団を代表して感謝申し上げます。

Katherine Maher
Wikimedia財団 エグゼクティブディレクター

 

多くの雇用主の方が、寛大にも、従業員の寄付額に連動する寄付をしてくださっています。

皆さんの雇用主が コーポレートマッチングギフト制度に参画されているかご確認ください。

寄付の記録:寄付番号CNTCT-21964610、2017-09-30 ¥5000.

この手紙は寄付の領収書代わりとなります。

この寄付の全部または一部に対する見返りとして、物品やサービスは一切提供されていません。

郵送先住所:Wikimedia Foundation, Inc., P.O. Box 98204, Washington, DC 20090-8204, USA. 米国の課税控除番号:20-0049703

   

一回でも寄付してしまうと定期的に寄付のお願いメールが届き「うざい」、という噂は本当なのか?

ということで、そういうことが起これば、またレポートします。(笑)

   

   

関連記事

  

Wikipediaに本気で寄付をお願いされたので家賃1ヶ月分を振り込んで真実に迫ってみた

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年10月26日 05:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「いきなりステーキ再訪」です。

次の記事は「タカダイオンとALS」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7