泣く女

| コメント(0) | トラックバック(0)

cryingwoman.jpg

   

男にとって最も厄介なのは、泣く女の扱いではないだろうか。

逆に言えば男の度量が問われる事態でもあるわけだ。

   

一般的に独身の男が最も不得意で、なおかつ最も間違いを犯しやすいのが「泣く女の扱い」だ。

 

肝心な点は、「妙にかまわない」ということだ。

最初の対処はこれに尽きるだろう。

    

何故泣くのか?

理由はいろいろあるだろう。

     

だが忘れてはならないのは、「泣きたいから泣いている」という点だ。

だからまず、ある程度はそのまま泣かせておく。

     

これは大事な点だ。

女ゴコロをわかっていない独身男がまずやる間違いは、泣き始めたときにあれこれ構う、という対処法だ。

         

だからといって、その場から「いなくなる」というような対処をしてはならない。

そこにいるということを、彼女がわかる状況で、「思いやりの気持ち」を持ちながらそばにいる。

     

このときに、どういう心持でいるかだ。

相手がわからないからと「うるさい」とか「早く泣き止んでくれ」などという気持ちでいてはならない。

      

泣く原因は、自分のどこかにもその原因となる何かがあったはずだ、と考える絶好のいい機会なのだから。

そうすれば、その後に取る行動は自然に決まるはず。

       

泣くという行為は感情的なリアクションなのだから、その感情のプレッシャーをある程度リリースさせることだ。

そして次の対処法は、感情の圧力が減少した時点で、黙ってハンカチを差し出す。

     

ジャケットの胸のポケット、またはズボンの尻のポケットには、必ずハンカチを入れておこう。

     

Gentleman の条件として、「ハンカチを常に携帯する」を挙げておきたい。

ハリウッド映画から学べる点は、まだまだ少なくない。

    

備えあれば憂いなし。(笑)
     

    

2005年12月31日

   

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年10月23日 04:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「SaturdayNight1021」です。

次の記事は「いきなりステーキ再訪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7