暑い夏の過ごし方

| コメント(0) | トラックバック(0)

0719clouds03.jpg

 

現状の過ごし方備忘録。(笑)

   

これだけ暑くなってくると、夜寝るときもエアコンを稼働させている。

ただし設定温度は28度。

  

そのため、カラダを冷やさないように、様々な工夫をしている。

   

もちろんカラダには毛布をかけて、ベッドにはバイオマットを敷いている。

ただし温度は青いランプが一つだけ点灯する最低の温度に設定。

 

就寝前に三井温熱器で腹部を温めると、熟睡度は高くなる。

そして就寝前にはメラトニンを二錠服用。

 

とにかく、夏場のエアコンの冷気は意外にからだを冷やすのだ。

そのため、常に健康な体温を維持することが大事になるというわけだ。

    

そして寝るときはタカダイオンでマイナスイオン電子を充電しながら就寝することにしている。

タカダイオンの使い方

タカダイオンも体温を上げる効果があるからね。

  

そうするとメラトニンとの相乗効果で、眠りの質は深く高くなるため、基本的には4時間も寝れば充分。

つまり夜中の12時頃に寝ても、4時頃には目が覚めるというわけだ。

 

起きると、オフィスの浴室にセットしてあるマイクロバブル24時間風呂へ。

設定湯温は39度から40度。

 

マイクロバブル風呂に入ると暑い夏にこそマイクロバブルで書いているように、血流が3倍から7倍くらい活発になる。

体中に血液が循環し始め、体が目覚めてゆく独特の心地よさは、まさに天国。

  

そしてアタマが働く状態になると、PCの前でのデスクワークで一仕事。

昨夜のマーケットのまとめトレーディングについての詳細、メールチェック、ブログの編集や校正、写真の編集など、で2時間ほどフルパワーで稼働。

  

6時頃からはペースダウンして、ブログの下書きや、調べ物。

時々若石ローラーで足もみ

  

そして時に早朝ドライブ雨の日でもお構いなし。(笑)

  

そのあと上層階の自宅へ。

  

オフィスと自宅は同じ建物にあるので、オフィスからはエレベータで20階へ。

そこで高層階用のエレベータに乗り換えれば所要時間は長くて3分。

 

無駄な通勤時間は極限まで少なくするのがベスト。

銀座に住んでいるときに始めた方法だが、とにかく便利。

 

合理的だしね。

有限の時間を有効活用するためには、やめられない止まらない。(笑)

    

自宅へ戻ると、作業内容は基本的に単純労働ばかりのお気楽モードへシフト。

 

台所のシンクに洗い物があれば、食器洗いで気分転換。

量が多いときは食洗機に放り込む。

      

7時台になるとカミサンが起きてくるので、野菜ジュース作り

野菜の裁断はカミサン、おれは調理と洗い物。

 

食事は朝のジュースを除き、基本的に一日二食。 

一日一食だと、食べる楽しみが少なくなるからね。

   

時々一日断食をミックスしている。

断食明けの食べ物のおいしさが際立つからね。

  

今日は9時半からゴッドハンドのクマチャンところで2時間のケアを予約済み。

20170728care.jpg

往復の動画

  

昨日AWGで施術してくれるところを見つけたので、午後に予約済み。

いやあ楽しみ。^^V

   

その様子は後日レポートの予定。

乞うご期待!

   

     

関連記事

  

松浦優之医学博士のAWG電子照射機 - 3匹の子豚との日々

松浦優之博士の開発した「AWG」電子波動照射機: zeraniumの掲示板

やってみたかった実験! : 超健康が夢 院長日記

AWG療法 癒やしの宿

AWG治療装置

AWGライフデジタルとの出会い

エレクトロン波動治療器の株式会社アジアス

  

ライフの周波数療法

ライフ周波数療法の具現化1

ライフ周波数療法の具現化3

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年7月31日 06:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「今日の切れ端・神戸」です。

次の記事は「AWG体験記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7