金は買い時か?

| コメント(0) | トラックバック(0)

goldChart.jpg

 

次のようなご質問をいただいた。

最近、銀行にある非常時に備えてのわずかの蓄えを、ああしろこうしろとうるさい。
約束もしないのに家に来たり、たまに定期の更新か何かで行くと、うだうだくどくどとめんどう。
「金」を買ってはどうかと思うのですがいかがですか?

 

で参考になるサイトはこちら ↓

 

2017年は"売り"か"買い"か? 「金」投資とはそもそもどういうもの?

さて、金への投資はどう始めるのか。お手軽なのは純金積み立てだ。なぜなら、金の価格が下がると一定金額で購入する量が増えるのが喜ばしい。価格が上がれば、いずれ売却するときの利益が大きくなるので、これまたうれしい。価格が上がっても下がってもうれしい投資はほかにないと思う。ただし、法律に守られていない売買契約なので、積み立て先の信用リスクがあることをお忘れなく。

また、最近では証券会社で金のETFを売っている。投資金額も小さく、いつでも証券会社の口座で売却できるので、株式投資をしている人には抵抗感がないだろう。商品投資は金に限らず、ETFを通じていつでもできる。

最後に金価格の個人的な見通しを述べると、中長期的には金価格は上昇していくと思っている。インフレ、つまり通貨価値が減価する問題や、金の生産量が減少することがその根拠だ。

短期的にはトランプ政権の政策が予想通りにはいかず、米国株価が暴落するとき金は買われる。ただし利上げがあると、金価格は下がる。

下記は上記のサイトのチャートを引用したもの。

goldChart.jpg

赤いチャートは日本国内の小売価格の動きだ。

日本人はアップトレンドだと評価しているわけだ。

 

このチャートを見ると、金は基本的に年単位で保有するものではないだろうか。

10年スパンで保有しないと、確実な利益を出すのは難しいことがわかるだろう。 

 

「金持ち」は、長いスパンでゆったり投資

「貧乏人」は、短期で急落時に突っ込み買い!

金持ちと同じ時間軸で投資を考えるな!

 

というわけで、考え方は株も金も同じだということ。

    

下記は筆者が使っているCQGというヘッジファンド御用達のチャートソフト。

goldChart2.jpg

フィラデルフィア・ゴールド・アンド・シルバーセクターの年足チャート

 ↓ 

Philadelphia Gold and Silver Index

The Philadelphia Gold and Silver Index is an index of thirty[1] precious metal mining companies that is traded on the Philadelphia Stock Exchange. The index is represented by the symbol "XAU", which may be a source of some confusion as this symbol is also used under the ISO 4217 currency standard to denote one troy ounce of gold. The Philadelphia Gold and Silver Index and the NYSE Arca Gold BUGS Index (NYSE MKT: HUI) are the two most watched gold indices on the market.

フィラデルフィア・ゴールド・アンド・シルバー・インデックスとNYSEアルカ・ゴールドバグ・インデックス(NYSE MKT: HUI)は、市場で最も注目されている金指標の2つ。

 

この2つのチャートを見比べると、同じ動きをしていることがわかるだろう。

ただCQGのチャートの方が動きがよりわかりやすい。

なぜなら、そのように表示させているからだ。

 

この年単位のチャートを見ると、左の赤い丸印をつけてある2003年の1月頃が買い時だったわけだ。

そのあと2.5倍まで急騰したが、その後下落。

  

今ははまだダウントレンド。

つまり赤い20移動平均線の下なので、まだ下がる可能性がある。

 

筆者の個人的な見解では右の赤い丸印の125.00の値段を超えたら買ってもいいだろう

 

その位置だと赤い20移動平均線より上の位置に来るはず。 

つまりアップトレンドになるわけで、上昇トレンドの領域に入るわけだ。

 

 

関連記事

 

金投資のメリット・デメリットとは?

金投資のメリット
①鉱物なので存在量に限りがあり無価値にならない
②世界で価値が共通

金投資のデメリット
①金の取引は米ドルで行われるため円建て価格は為替の影響を受ける
②預貯金や株式と違い、利息や配当を生まない

 

金価格の推移を見る

近年上昇傾向の金価格。金は魅力ある投資商品ですが、相場商品ゆえに価格変動リスクが伴います。この価格変動リスクを抑えるためにドルコスト平均法を適用し、月々数千円の少額から購入が可能で、手軽で便利な投資方法が純金積立です。純金積立では金の保管も運営会社が行うことから盗難のリスクもない上、最近では株式のようにインターネットでの取引も可能になり、その利便性も格段に向上しています。金投資に興味はあるけれども、リスクに不安を感じる方は、まずは気軽に純金積立をはじめてみてはいかがでしょうか。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年7月26日 05:43に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ローラーバーマウス 」です。

次の記事は「ジョン・ウィック:チャプター2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7