浄水器使用1年後レポート

| コメント(0) | トラックバック(0)

0709gaiafilter.jpg

定期的に送られてくるフィルターを交換

   

導入したのは2016年6月なので、ほぼ一年が経過。

原発事故により、食べ物が放射能汚染され、全国に拡散されている日本。

  

だからこそ、せめて水だけは、こうした汚染リスクから除外したい。

というわけで、こうした浄水フィルターを使っているわけだ。

 

幸いなことに、最近導入したタカダイオンは、放射能に被曝しても正常な体に戻す事ができるのだという。

  

タカダイオン電子治療器(電子負荷器)は広島原爆症治療で使用された唯一の機器

1945年の広島原爆投下3日後から原爆症治療に使用され、大きな成果をあげた治療器でもあるのだ。

 

その実績ゆえ東北大震災のあと、タカダイオンはしばらくの間、売り切れ状態となり、入手困難な状態になったという。

放射線被曝の治療について

  

何と言っても、毎日の精神的な懸念から来るストレスから解放される効果は意外に大きい

とはいえ油断大敵。

 

日本では、今でも毎日2億4千万ベクレルの放射能が、環境中へ放出され続けているのだ。

    

  

関連記事

  

浄水器フィルター交換 201704

浄水器フィルター交換 201703

浄水器フィルター交換 201610

浄水器追加 201606

東京の水道水

加速するダメージ

東京の水は安全なのか?

油断大敵

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年7月10日 05:30に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「今日の切れ端・週末雑感」です。

次の記事は「モコ逝く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7