チャートを読めるか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

相場がある限り、チャートが存在します。

chart.gif

これは株式に限らず、FX(為替)やビットコインでも同じです。

  

購入した現物のビットコインの価値が目減りするのを防ぐ方法ではビットコインの高いボラティリティによる価値の目減りというリスクをヘッジする方法が書かれています。

たとえばビットコインの値段が下がって来たら、信用取引で空売り(ショート)すればいいわけです。

 

bitFlyerという仮想通貨取引所にアカウントを作成すれば、ビットコインの信用取引を始められます。

ここではリアルタイムのチャートも見ることができます。 

もちろん筆者が口座を開設している coincheck でも見ることができます。

 

もしビットコインを保有しているのならそれと同じ数量のビットコインを信用取引で空売り(ショート)することで価値の下落から身を守ることが可能になります。

ビットコインの価格が下がったとしたら、保有している現物の価値は目減りしますが、ショートした分で利益が出るため、現物で目減りした分を現金化することが可能になるわけです。

  

これは歴史の長い株式トレードの世界と同じ考え方です。

   

 

世界中のビットコイン相場の価格やチャートを簡単に確認する方法

ビットコインの価格はそれぞれの取引所のウェブサイトに行けば取得することができます。

ただ取引所間の価格差を確認したいときには複数のサイト間を行き来する必要があります。

 

また、取引所によっては古い価格データは消えてしまっているようなところもあります。

そのため、ビットコインの価格を確認するには外部のサービスを利用した方が便利です。

 

パソコンだと、Cryptowatchというサイトがおすすめです。

このサイトならローソク足チャートを使って簡単にビットコイン価格を調べることができます。

 

また、ビットコインだけではなく、Ethereum(イーサリアム)、DAO(ダオ)、DASH(ダッシュ)、BTS(ビーティーエス)、Litecoin(ライトコイン)、Namecoin(ネームコイン)、Peercoin(ピアーコイン)などの仮想通貨の価格も確認できます。

もしiPhone で iOSを使って出先から手軽にビットコイン価格を確認したい場合には Bitcoin Tickerというアプリもあります。

    

     

チャートが読めるだけでは、勝てるようにはならない 

  

(ビットコインのローソク足チャートの見方と名称 | 仮想通貨の投資ブログを見ると、株式トレードの基礎で学ぶときと同じローソク足の説明から始まっています。

つまり、株式でも、FXでも、ビットコインでも、チャートが読めるだけでは利益を出すことはできません。

なぜなら、損をするという恐怖と、もっと勝ちたいという欲がある限り、訓練をしなければコンスタントにプロとして勝ち続けることはできないのです。

 

 

仮想取引、つまりシミュレーショントレードができるかどうかが成否を分ける

      

株式でも、FXでも、ビットコインでも、自立できる技術を習得して職業にしようとすれば、それなりの努力と覚悟と、資金が必要になります。

トレードもそうした意味では、他の仕事と同じです。

成功するためには強い信念と、計画性と訓練を続ける強い意志が必要になります。

  

車の場合、全く運転ををしたこともないし、車にも興味のない方と、運転の経験があり、車が好きでたまらない人とでは同じことを習っても、「身に付き方」が全く違います。

ですが、全く運転ををしたこともないし、車にも興味のない方にとっても正しい方法を学ぶと、役に立つはずです。

この例と同じ事ですが、トレードの場合は車の運転ほど、一般的に知られていませんから、きちんと習た効果としては、より大きなものになるわけです。

 

たとえば、コーナーでドリフトし始めれば、カウンターステアを当てる、ということを知識として知っていても、実際にカウンターステアを当ててドリフトする訓練をしなければ、できるようにはならないのです。

  

実際にお金が動くトレーディングでは、誰もが最初は特殊な心理状態に陥ります。

そうした慣れない状態で、コンスタントに利益を出すことができるのでしょうか?

  

そのためには、シミュレーションシステムが存在するかどうかがポイントとなります。

 

3ヶ月ほどシミュレーショントレードをして、そこで目的の額の利益を上げることができるようになっていればOKです。

そうなれば、実際のトレードをする際の心理状態を割り引いても、その80%くらいの利益は出せるようになります。

   

株式トレードで利益を出せなければ、FXでも、ビットコインでも、結果は同じ事になります。

株式トレードで勝てないからといって、目新しいビットコインでの取引をしても勝てるようにはならないのです。

 

これはトレードを職業としていない人が、陥りやすい罠だといってもいいでしょう。

   

 

チャートソフトのポルシェ

筆者がチャートソフトのポルシェと呼んでいるCQGも 、Bitcoinのリーチとアピールを広げるための交換パートナーシップを締結しています。

シカゴ、イリノイ州、2017年4月11日 - ブローカー、ディーラー、およびFCM業界向けのトレーディング・フロントエンド・ソフトウェアの大手プロバイダーであるCQG、Inc.とCFTCの承認を受けた最初の米国規制当局者であるBCause LLC暗号通貨デリバティブの取引を交換し、暗号通貨と伝統的デリバティブ取引スペースの交差点に市場を提供するためにパートナーシップを発表する。

    

筆者がなぜいまだに株式トレードを勧めるのか?

その理由は、長い歴史のある株式トレーディングの世界では、こうしたシミュレーションシステムが存在するからです。

  

個人が盤石な経済的基盤を手に入れるためには、誰にも影響を受けることのない、収入を得る手段が不可欠です。

 

FXでも、ビットコインでも利益を出したいのなら、必ずシミュレーションでコンスタントに利益を出せるようになることが、何よりも大事です。

FXや、ビットコインのチャートで、ワンクリックシミュレーションができるソフトをまず手に入れることが最初の一歩なのです。

     

   

関連記事

  

ワンクリックシミュレーションの基本 動画

ワンクリックシミュレーションの実演動画

ワンクリックシミュレーション TC2000日本語ガイド

ワンクリックシミュレーション120%活用トレーニングガイド

無料で使えるチャート

グーグルチャートとは?

インターバルタイマー

ビットコインの送り方

ビットコインって何だべ?

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年6月25日 07:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「タカダイオンはいい!」です。

次の記事は「今日の切れ端」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7