OZデジタルキャッシュが31セントへ!

| コメント(0) | トラックバック(0)

6月に入ったタイミングでオズのデジタルキャッシュの値段が31セントに。

ozDijitalCash31.gif

  

ついに30セントへ!を書いたのが2017月04月26日(水)

なので約1ヶ月で30セントが売り切れたのですが、オズがFX証券会社になるというタイミングでもあったわけです 。

 

29セントのときは5日間で売り切れ。  

筆者が最初購入したのが24セント。

 

25セントから30セントまで上昇するのに4ヶ月というペース。

つまり4ヶ月で5セント上昇。

ということで、ここまで5ヶ月で31セントに上がったわけです。

 

今日は皮算用はしませんが、したい方は勝手にどうぞ。(笑)

 

で、今回こういうメールをいただきました、

 

いつもお世話になりありがとうございます。

今回もまたまた「クールに過ごそう」に掲載いただきありがとうございます。

 

足掛け5年以上FXをしており、勝ち続けることの難しさは知っているつもりです。

7年ほど前に長男がFXを始め、半年で倍にしたのを見ていてやる気になって始めました。

(その後長男は半年で倍になったということは、半年で半分になるリスクもあるとのことで、FXから手を引きました)

その際、馬渕スクールで見につけたチャートの見方やフィボナッチ等の知識が随分役に立ちましたが、実際の トレードでは勝率は高いですが、小さく勝って、大きく負ける様相で褒められたものではありません。

ロボットが、月に2%以上コンスタントに勝てば、殆どのFXトレーダーが負ける中にあっては素晴らしいものと思われます。

ぼちぼち稼働台数を増やしていくつもりです。

ありがとうございました。

 

※因みに、4月にロボットのエントリーを見て私も二回エントリーしました。

二回ともまあまあ勝つことが出来て少し自惚れておるところです。

 

自動売買ロボットのエントリータイミングにあわせ、マニュアルでエントリーをする。

これは一つの見識でしょうね。

  

秋には、今のオズ3号に、マニュアルトレードモード機能が追加されるそうですが・・

そのときにも、このエントリータイミングを、自動売買ロボットに委ねるというのは一理あります。

 

特に現在のオズ3号はGBPUSDというポンド・ドルだけでトレードをしています。

gbpusd860.gif

GBPUSDの860分チャート

水平線は筆者が勝手に引いた抵抗線。

ここを切ればショートですが、基本的にはロング(買い)でしょう。

 

なのでもしオレならですが・・

gbpusd3.gif

3分足ですね。

青いマークで買い・赤いマークで手仕舞い。

いくら儲かったかはポジションサイズによりますが・・

まあ大体分かりますよね。

    

じゃあ・・といってさらに短い1分足だと・・ 

gbpusd1.gif

手仕舞いの場所は、かえってわかりにくいですよね。

  

gbpusd30.gif

さらに短い30秒チャートでは・・

やはり手仕舞いの場所はわかりにくいのです。

 

いかがでしょうか?

  

このように適切なタイムフレームのチャートを選択できる能力は大事です。 

3分チャートだとローソク足フォーメーションを使えますからね。

   

エントリーしても、手仕舞いの位置次第で勝敗は大きく変わります。

   

というわけで基本は、株式もFXも同じなのです。

チャートを読む基本を学ぶことが、いかに重要かがよくわかりますね。

    

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年6月 2日 06:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「東京マーケット概要は5月で終了」です。

次の記事は「砂糖・糖質ゼロアイス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7