FXと株式トレード

| コメント(0) | トラックバック(0)

このコラムでのトレードに関するコラムは、基本的にセミナーを受講された方なら理解できる内容となっている。

Trader.jpg

ただ全くトレードをされたことがない方や、FX自動売買ロボットを購入されただけの方は、読んでも、多分よく分からない部分が多いはず。

というわけで連休を利用して、トレーディングについての特集であります。

   

日本で本格的にトレーディングセミナーを始めたのは2001年のこの頃

参加された方の感想を中心にしたレポート

   

というわけで15年以上にわたって、トレードの手法を公開している。

その経験を生かし、FXと株式とでは、何がどう違うのかをわかりやすく説明してみよう。

 

多くの方が気になるのは、まずどちらの方が儲かるのか?

という点ではないだろうか。

  

 

FX自動売買ロボット

 

オズのFX自動売買ロボットの、想定パフォーマンスは月5%から15%の利益だという。

年間だと60%から180%になる。

  

筆者のアカウントではまだ3ヶ月ほどだが、実質的には月3%ほどのゲインだ。

年換算では36%。

  

ただし成功確率は100%!

言い換えれば、誰でもこれくらいのリターンを得られるわけだ。

        

 

ナスダック株式市場

 

一方でナスダック株式市場における成功率の高いQMALLという人間が行う手法が存在する。

最新のQMALL・先週のパフォーマンスで公開しているが、10万ドル相当の資金で年39万7200ドル。

 

年間の利回りだと390%にもなる。 

ただ、ここまでのパフォーマンスが出せる人はチャレンジャーの5%ほどという狭き門だ。

  

この手法でも、銘柄選択は、ボトムスキャンという、いわゆる銘柄選択ロボットが行っている。    

      

継続はチカラなり ・ ビデオチャットエイド ・ なんだか昔を想い出した ・ 意思と情熱 で取り上げているシアトル在住のかっちゃん。

彼は今39歳。大きな損失を出したこともあって、現在はフルタイムで寿司職人として長時間労働を続けられている。

     

彼の3月のトレーニング結果を見ると・・

QMALL Practice 03/30/2016 and March Result  月間4万ドルオーバー!

年間の利回りだと480%にもなる。

          

この影響だろうか、QMALL Practice 04/22/2016 Daily Grindによると、12時間労働による週5日間シフトを、2日減らしたという。

とても良いサインだ。

       

 

真の経済的自立

 

この株式トレードの魅力は、誰にも依存することなく、真に経済的な自立が可能になるという点だ。

努力は必要だ。

  

だが「夢を現実にできる」という見返りの魅力は、言葉では伝えられないレベルといっていいだろう。

 

ではなぜ、こういうことが可能になるのだろうか?

 

というわけで続く・・ 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年5月 1日 06:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「転院」です。

次の記事は「朝の雲」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7