Feedly拾い読みWatch

| コメント(0) | トラックバック(0)

FeedlyWatchLogo.jpg

人を判断するには、その人の言葉より、行動から判断したほうがいい。
行動はよくないが、言葉が素晴らしい人間が多いからだ

- クラウディウス

 

Google社を蹂躙した村田マリの天然ニューラルネットワーククラスタ

ニューラルネットワーク自体は昔からあるものだが、良質な学習データがインターネットの発達とともに大量に利用可能になったことや、コンピュータの計算速度が向上したことにより、ここ数年、音声認識や画像認識、また翻訳などの分野で、かなり実用的なものができてきた。そして、この人工知能の分野で、最高の頭脳と圧倒的に膨大なコンピュータリソースを持ち、世界最先端を走っているのがGoogle社であるということに異論を挟む余地はないだろう。検索エンジンはGoogle社のコアビジネスであり、その研究開発にはGoogle社の最高の頭脳が投入されている。ディープラーニングを搭載した世界最高の人工知能により、ユーザーは広大なインターネットから欲しい情報を瞬く間に見つけることができる。この技術によりGoogle社の時価総額は50兆円を超え、世界最高の価値を持つ企業となっているのだ。

 

日々のクリエイティブ作業がポジティブな連鎖を生む:研究結果

多くの研究によって、趣味を持つことで賢くなる、仕事の業績が上がるなど、趣味のさまざまな効果が証明されています。ところが、ニュージーランドで行われた新しい研究によると、クリエイティブな時間を追求することは、これまで知られていたよりもずっと大きいメリットがあることがわかりました。これを信じるなら、毎日少しずつクリエイティブな作業をすることで、幸福度を高められるかもしれません。

あなたのお菓子づくりやスケッチなどの趣味は、単なる暇つぶしではありません。気晴らしとして、あなたの気分を改善するという重要な働きがあるのです。

 

著作権者はクレーマー?

プロ野球球団を保有するインターネットの大手企業が、運用していたキュレーションサイトを一斉に閉鎖したことが大きな波紋を呼んでいます。キュレーションというのは特定のテーマの情報を記事形式にまとめることで、検索サイトで上位に表示されると多くのアクセスを集めることができます。

最初に問題になったのは医療系のキュレーションサイトで、広告収入を稼ぐために信憑性の欠ける情報が大量に掲載されているとの指摘から始まり、ユーザーの投稿とされていた記事が実はライターに謝礼を払って書かせたもので、盗用を隠すためのマニュアルまでつくっていたことがわかって大炎上を起こしたのです。

 

つまり一次情報ではなく二次情報ばかりで構築すると、こういうことになると言うことです。

これは過去の日記でも触れています。

    

二次情報で書く日記

まずインプットと、アウトプットの関係についてです。

インプットというニュースソースが、メディアの場合、多少短くしたり、「てにはを」を変えたとしても、アウトプットされる内容は同じものになりがちです。

つまり、他で代用が効く場合、読み手へのインパクトは弱く、さらに信頼性という点において、大手メディアにはかなわないのです。

ニュースソースが単に一つの「インプット」という2次情報だけを、ほとんどそのままアウトプットするだけなら、誰にでもできるわけですからね。 

そのため、2次情報はできるだけ、複数で構成するようにします。つまり複数のインプットで密度を高くして、アウトプットするのです。いわゆる世の中に数多くある「まとめサイト」がこれに相当するわけですね。

  

面白さに繋がる日記とは?

前回の日記の最後で、「一次情報だけで構成された日記には、意外な盲点が潜んでいる」という指摘をしました。

つまり「今日、誰かと、どこかへ行って、こういうことがあったよ」という一次情報の持っているリアリティーの高さを、どう生かすのか?

というハードルがあるわけです。

 

アクセスが増える記事を書くには?

だが最も大事なことは、書きたいことを書く。

この一点に尽きる。

次に毎日書く。できれば2つ以上。

だけど多分、ほとんどの人ができないだろう。

 

【衝撃】陰謀論などではない! 「人工地震」が実際に起きまくっている証拠を米内務省が完全暴露 

こんなにたくさんある「人工地震」の種類

USGSが先月発表した内容によると、20世紀前半にカリフォルニア州で起きた地震のいくつか(M5規模)は、油田やガスの採掘が原因で起きていた可能性があるという。また、オクラホマ州には、有史以前にM7規模の地震を起こした断層があり、USGSの研究者は廃水の注入によって大地震が誘発されても不思議ではないと警告している。シェールガスやシェールオイルの産出は、それだけ大きなリスクを伴う事業なのだ。

    

過ぎ去った過去の中に生きずに、今の自分が変われば全ては変わる 

聖人マザー・テレサが仰った、「全ては、あなたと内なる神様との間のことなのです。 あなたと、他人との間のことであったことは、一度もなかったのです。」

コノ世は、色々な喜怒哀楽、悲惨な現実、社会問題、対人関係の苦難、病気、に満ち溢れているように見えますが、その全ては、* 自分と神様との間の、一対一の問題であった。と彼女は言い切っています。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2016年12月27日 04:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「パーティ雑感」です。

次の記事は「今日の切れ端」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7