パターン認識

| コメント(0) | トラックバック(0)

ローソク足フォーメーションというのは、一種のパターン認識だ。 

PYPL-3-2.jpg

2枚の写真の間違い探し、と似ているかもしない。

      

01.jpg

2まいの えには、ちがう ところが 3つ あるよ。

02.jpg

 

チャートが形成され始めたら、代表的な長さのローソク足の長さをチェックしておくといいだろう。

ちょっとしたことだが、意外に役に立つのだ。

  

3分足チャートなら、一本のローソク足が形成されるまでに3分間かかるわけだ。

その間にローソク足の値幅をチェックしておくことをお勧めする。 

  

平均的な長さのローソク足の何ドル分あるのか?

また長いローソク足は、何ドル分に相当するのか?

   

こうした点を認識しておけば、いざというときのカットロスの幅を、目測することができるはず。

 

備えあれば、憂いなし。

 

お試しアレ。

   

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2016年12月18日 04:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「日本株QMR・先週のパフォーマンス」です。

次の記事は「QM33・先週のパフォーマンス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7