予測するチカラを身につけるには?

| コメント(0) | トラックバック(0)

基本となるスキルを一つ一つ、着実に身につけてゆくことです。

Chart.gif

同時にいくつものことを身につけようとしても、それは無理というもの。

  

一ヶ月平均5千ドルが獲れないということは、大事なスキルが身についてないということなのです。

ですからまずはそこを何とかすること。

 

優先順位を間違えないことです。

  

いつもアドバイスありがとうございます。

**です。

昨夜(15日)のトレードでいくつか質問があるのですがいいでしょうか?

質問1 AALとNXPIのエントリー判断について

AALは30秒足では、陽線3本連続、短い陰線、そして陽線4本連続となっています。(34分時点)

AAL-C.gif

これは、その次に反転する直前の状況と考えました。

 

aal.gif

これだけ陰線が続いたら、陰線は最後の陽線を楽勝で呑み込むはず。

しかも前の長い陰線には上ひげがあります。

つまり隠れた売り手がいるのです。

ですが、それでも陰線は呑み込めず、下げ止まっています。

なのでこれは上がる!と読んだわけです。

  ↓

AAL33.gif

 

 

NXPI-C.gif

NXPIはしばらく陽線が続き、最後に陰線が出ています。

これは、以前書いてもらった記事「予測するチカラを鍛える」のWDCに似ているような気がします。

予測するチカラを鍛える

wdc.gif

AALにしてもNXPIにしても、これから反転するように思い、自分のブログではそう書いたのですが(トレードではエントリーしてしまったものの)、オフィシャルの方ではエントリー候補になっています。

これは指数が強かったから、という理由でしょうか?

 

上のWDCと下のNXPIが似ているとのことですが・・

オレには似ているようには見えない。(笑)

nxpi.gif 

これも買われ続けたあと、陰線が出ています。

ですがこの陰線は、どうも変じゃないですか?

直前の陽線を呑み込むのが当然でしょう。

なのに呑み込むチカラが無い。

ということは上がると言うことです。

     ↓

NXPI.gif

そのあと上がっています。

 

  

 質問2 AALをホールドした理由

もちろん、200ドル以上の含み損でもホールドした理由を聞きたいです!(笑)

昨日はこれが取れていたかどうかで大違いの結果でしたし。

AAL33.gif

AAL30.gif

 

教えるのは、3ヶ月平均で5千ドル取れるようなスキルが身についてからです。

この前に、基本的なことができていなければ、聞いても役立てることはできないからです。

 

ですが、一つヒントを・・  

AAL.gif

 

考え過ぎて死ぬことはないので、死ぬ気で考えてみてください。(笑)

過去ログも沢山あるので、調べればわかるでしょう・・

   

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2016年12月17日 07:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「インプレッサの光と影」です。

次の記事は「日本株QMR・先週のパフォーマンス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7