ビデオ・チャットについて

| コメント(0) | トラックバック(0)

ビデオ・チャット・エイドについて、問い合わせをいただきました。

videoChatimages.jpg

というわけで、先日行った米国シアトルとのビデオチャットの様子を少しお裾分け。

 

ビデオチャットエイドでご覧いただく画面は上のような感じになります。

 

チャートの説明は筆者のチャート画面を見ていただきながら進めます

スカイプの音声を使うため、お互い電話で喋りながらというメージです。 

         

必要に応じて、受講される方のチャートを見せていただいたりします。

     

画面の推薦解像度はSVGAの1280×1024以上ということになります。

ですがそんなこと言われても、よく分からない、という方も多いでしょう。

 

ですが大丈夫。

接続してから、お互いに画面の見え方を話しながら、調整するため配ありません。

   

見えにくければ、こちらのチャートを拡大することもできます。 

    

具体的には、スカイプに接続してから「画面共有」を選択します。

「画面共有」をクリックした側の画面が相手に見える仕組みです。 

videoChatimages2.jpg

   

予約可能な曜日はいつでもOKで、可能な時間帯は朝9時から夜9時まで

私の都合もあるので、そのあたりはお互いメールでやりとりして決める、という段取りになります。    

 

先日行った米国シアトルにお住まいの方とは、日本時間の朝10時から。

シアトルだと夕方の5時からでした。

   

お申し込みは一時間単位です。

  

問い合わせフォームに記入していただくのは、例を挙げておくと・・

 

・希望日時

第1候補 > 12月10日(土)午前7時

第2候補 > 12月11日(日)午前6時

第3候補 > 12月12日(月)午前10時

  

・希望内容

チャートの操作方法、執行ルールなど

   

内容は大まかでかまいません。

どちらにしてもこちらからメールで内容について、確認をさせていただきます。

 

そして本番前の適当なタイミング(前日とか数時間前)で、一度スカイプ接続のテストを行います。    

 

始まってからは、どういうことを知りたいのか、またどこが悩みなのか?

などについて、お互いに確認しながら進めます。

 

ですから、問い合わせフォームには、特に希望内容を書いていただかなくてもかまいません。

     

ソフトの操作も含め、トレードスキル向上のため、その方のトレードスタイルに合わせたアドバイスを行います。

全く初めての方でも、理解度は人それぞれ違うため、進めるペースはケースバイケース。

  

やってみると、セミナールームにてマンツーマンで行っているセミナーと、ほとんど変わりません

 

私のPCには顔の見えるカメラがないため、アタマがボサボサでも構わないという気楽さがナイスでした。(笑)

 

一時間と言っても、実際に終わったのは1時間20分後あたり。

 

VideoChatSeminarBanner.gif

ぜひ一度ビデオチャットエイドを体験してみてください。

    

関連記事

スカイプの使い方

どこを見ているのか?が大事

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2016年12月 9日 06:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「どこを見ているのか?が大事」です。

次の記事は「朝の雲」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7