QMR先週のパフォーマンス

| コメント(0) | トラックバック(0)

東京マーケットでのクイックマジックリーバサルというトレード手法を検証。

PerformanceJ.jpg

日本株QMRで、ボトムスキャンのパフォーマンスのどれくらい獲れるのか?

     

ルール

   

ボトムスキャンの2分の時点の10銘柄へエントリーする。

 

ただしエントリーする方向は、最初のローソク足が確定した方向と逆方向。

そこから反対に動いたら、次の足でカットロス。

あるいはプルバックのストップは8円あたりまでならOK。 

    

ポジションサイズは2000円以下なら1000株・以上なら500株。           

一銘柄につき1000株換算で2000円以下になるような株数でエントリー。

0923QMRA-Total.gif

一日の銘柄数はロングサイド5銘柄・ショートサイド5銘柄。

%はボトムスキャンの成績の何パーセント獲れているかの割合。 

 

 

この週は、祭日で2日休場のため、実質的には3日間となります。

その3日間ともが、ボトムスキャンのパフォーマンスを上回る成績。

つまりリバーサルデイが続いたということになります。

     

 

QMR(クイックマジックリバーサル)は58日間で204万4千円のゲイン。

一日平均3万5千円強。

週給17万円強

月収68万円。     

  

半年訓練を頑張れば、その半分しか獲れなくても月収34万円強。 

本業がある方なら、十分以上の収入が得られるというわけです。

        

        

2013年3月から約3年間の、ボトムスキャンのトータルパフォーマンス

日本株での◆QM33はボトムスキャンのパフォーマンスの78%を獲ることができる手法

ボトムスキャンのパフォーマンスは一ヶ月平均で129万円強

一日平均6万4千円のパフォーマンス。 

  

  

同じように10銘柄へエントリーする手法としては米国マーケットのQMALLがあります。

QMALLの1週間の平均値は+3566ドル(36万7千円強・1ドル103円換算)。

米国株での10銘柄エントリーの約61%のパフォーマンスがあることになります。

 

日本株でも、この手法なら、これだけのパフォーマンスを出せるというわけです。

改善の余地としては、QMALLでは2本目が反対色になってカットロスをしなければならない分が含まれています

ですが米国株のQM33では、そうした事態を避けようというのがコンセプトの手法です。

日本株でも同じようなことができるかどうか。

今後の課題です。

         

  

ブレイクスキャンに無料登録 > ボトムスキャン1週間無料トライアル

  

        

QMR 過去ログ

    

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2016年9月25日 04:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「朝の雲」です。

次の記事は「QM33先週のパフォーマンス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7