Feedly拾い読みWatch

| コメント(0) | トラックバック(0)

FeedlyWatchLogo.jpg

いかなる職業でも自分が支配する限り愉快であり、服従するかぎり不愉快である

- アラン

  

米国株:大幅続落、売り浴びせやまず-英離脱でセンチメント悪化

27日の米国株式相場は大幅続落。英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けた売りは、週末を越えても続き、ダウ工業株30種平均は260ドル安で引けた。先週24日の株式市場は10カ月ぶりの大幅安となっていた。

 

ドイツ銀:次のリーマン・ブラザーズか、レバレッジ比率は47倍の推測

ドイツ銀行が保有するデリバティブ(金融派生商品)の残高が55兆6000万ユーロ(約6805兆円)に上るといわれており、これはドイツの国内総生産(GDP)2兆7000万ユーロの約20倍に相当する。

世界同時不況が発生した2008年に破綻したリーマン・ブラザーズが保有したデリバティブの残高は35兆米ドル(約3762兆円)だった。

 

ドイツ発のリーマン・ショック級の危機発生に備えよと専門家

いずれにしましても、ドイツ発のリーマン・ショック級の危機の発生に対して、心して備えておくべきかと思います。為替では、ユーロ/ドルは、ドイツ銀行危うさがさらに表面化してくると、大きく下落するもの思われます。

  

高年収な人ほど「老後貧乏」に陥りやすい理由

老後の家計は基本的に「赤字」・老後の生活にはいくらかかるの?

年金はもっともリターン率が大きい投資・年金だけでは老後生活は乗りきれない

ですから、まず

・ 老後の毎月の生活費を見積もる

・ 老後の定期的な収入を見積もる

この2点をしっかり押さえて、不足する老後資金を割り出し、貯蓄計画を立てる。老後貧乏を脱するためには、まず「なんとかなる」という甘い算段を捨てて、行動を起こさなければなりません。

 

セブンのお荷物「ニッセン」が債務超過懸念

セブン&アイ・ホールディングス傘下で、カタログ通販大手のニッセンホールディングス(HD)が、2016年5月の「月次売り上げ概況」を発表した。

主要事業会社であるニッセンの5月の売り上げは、前年同月比41%減と、大幅な減少となり、16カ月連続のマイナスを記録した。

ニッセンHDの苦況は今に始まった話ではない。2015年度は133億円の最終損失を計上し、3期連続での赤字となった。

ニッセンの2016年度第1四半期末の自己資本は24億円にまで減少している(前年同期は176億円)。このままのペースで赤字が膨らめば、2016年度中に債務超過となるリスクが高く、早期の黒字化が不可欠となる。

仮に債務超過に陥った場合、1年以内に解消できなければ、東京証券取引所の上場廃止基準に抵触してしまう。今後は、親会社であるセブン&アイが株式公開買い付けを行い、完全子会社化することで上場廃止に持って行くことも考えられる。

負の連鎖に陥っているカタログ通販の悪い流れを断ち切ることはできるのか。抜本的な改革が待ったなしだ。

 

アベノミクス終焉で日本はかなり厳しくなる

日本はこれから一人ひとりがぬるま湯から出なければいけない時代になります。そこでちゃんと服を着て戦いに行くか、別のぬるま湯を探して、あげく凍え死ぬかの格差が大きく出ることになると思います。これは企業だけでなく、個人もそうです。付加価値を出す力や自分で動く力が必要になる、そういう時代に入ってきたのです。

 

「時給910円」で働く39歳男性の孤独な戦い

終日、立ちっぱなしで、重い寸胴を運ぶなど重労働だが、タカシさんの月収は20万円を切る。退職金もボーナスもない。

どこのタコ部屋の話かと思ったが、彼が働くそば店は東京・港区にある高級店である。

 

実はキケン!医者に言われても受けてはいけない手術~腰痛、白内障、五十肩...メスを入れても良くなりません

医者に勧められても受けてはいけない手術

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2016年6月28日 08:45に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「QuickMagic33 - 27(月)」です。

次の記事は「不作の東京マーケット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7