不作の東京マーケット

| コメント(0) | トラックバック(0)

「ぼやき」日記であります。でも最後まで読んでね。

最後にイイことも書いてるので。(笑)

0628jnkcW.gif

日経平均の週足チャート

     

東京マーケットは、獲れない市場に成り下がってしまってから久しい。

ここ数日の乱高下マーケットでもその傾向は変わらず。

なぜならトレードをしようとする人がいないからだ。

    

日本株は政府が午後からバサっと買うだけ。

午前中は日本に住んでいる個人トレーダーと外人投資家だけ。

   

というわけで、今日はボトムスキャンの全銘柄の3分チャートを掲載。

0628JBS2.gif

    

どんだけ、出来高が少ないかが分かるはず。 

     

7741-0628.gif 

HOYA(7741) +8千円  

1万円以下の場合は掲載していないのだが、たまにはね。(笑)  

   

9437.gif

NTTドコモ(9437) 

こういうのにエントリーすると・・

と想像しただけでもアタマの痛くなるチャートだ。(笑)

大きなカットロスでおしまい、というパターン。 

  

7269.gif

スズキ(7269)

1本目が236ガイドラインまで届かないという燃料不足パターン。

なのでエントリー出来ないのだが。

だが無理矢理入っても獲れないことに変わりなし。(笑)

 

6971.gif

京セラ(6971)

これも2本目のアタマで入るとカットロス。

おまえは、ショートサイド銘柄?

と言いたくなるチャートだ。(笑)

 

5802.gif

住友電工(5802)

これも2本目のアタマで入るとカットロス。

こいつも、ショートサイド銘柄のような動きだ。

 

 

 

ショートサイド     

  

  

       

7751.gif

キヤノン(7751)

30秒チャートで、3本目のアタマで超うまく勝ち逃げても+1万1千円。

何だかなあ・・というチャートであります。(笑)

  

4911.gif

資生堂(4911)

これも2本目のアタマで入るとカットロス。

君はロングサイド銘柄か?

といいたくなるよね。

 

4578.gif

大塚HLDGS(4578)

これも2本目のアタマで入るとアイタタタ。(笑)

これもロングサイド銘柄か?

というパターン。

        

8591-0628.gif

オリックス(8591) +1万3千円

このように、HOYA(7741)を加えても2銘柄の場合はリスクが高い。

そのため実質的には、ノーエントリーとなるわけだ。  

  

9201.gif

日本航空(9201)

値動きがない典型パターン。 

   

    

いかがだろう?

毎日こう言う調子なのだ。

   

毎日オレはこういうのを見ている。

少しは察して欲しい。(笑)

  

だからといってスイングトレードすれば大負けするわけだ。

    

投資信託は指数連動だから、投信を買っている人がどういう心境かは推して知るべし。

ご愁傷様です。(笑)

   

   

対応策としては、抜本改革が必要。

  

日本に住所がなくても口座開設ができるようにする。

つまり英語での申し込みができるようにする。

ストップ高・ストップ安をやめる。

昼休みをやめる。

値段によって、値刻みを変えない。

  

銘柄コードを数字ではなく米国ナスダックのようにティッカーシンボルにする。

トヨタならTYTA、NSSN、HNDAとかね。

  

全銘柄を1株からでも売買できるようにする。

板寄せ方式をやめて、ナスダックのようにマーケットメイク方式にする。

 

これだけのことをやれば、世界中からトレーダーは集まってくるだろう。

魅力のある日本企業?だからね。(笑)

ナスダックのように、人と金を集めなければダメなのだ。

要は誰でも(英語ができる人なら誰でも)できるように、公平でわかりやすいルールにする。

   

こんな簡単なことが何故できないのか?

天下りで固められている業界だから。

利権にしがみつくわけです。

   

おかげでアジアでも最も魅力の無いマーケットに成り下がってしまったわけです。

よほどのことがなければ、今後20年以上このままでしょう。(笑)

   

とネガティブなことばかり書いてもしようがないので、最後に必勝法を伝授しておこう。

  

  

ルール 最初のローソク足が確定した方向と逆方向にエントリーする。

  

例を挙げてみよう。

4578-2.gif

大塚HLDGS(4578) +3万3千円

     

    

1本目は236ガイドラインを越えてなくてもOK。

 

とにかく最初のローソク足が確定した方向と逆方向にエントリーする。

そこから反対に動いたら、次の足でカットロス。

   

過去ログで検証すると、素晴らしい勝率となっている。 

ぜひ、自分の目で検証していただきたい。 

  

名付けてクイックマジック・リバーサルプレイ

要は逆張りなわけです。

  

ホンマかいな。(笑)

    

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2016年6月28日 17:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Feedly拾い読みWatch」です。

次の記事は「クイックマジック・リバーサルプレイ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7