ホールドのポイント

| コメント(0) | トラックバック(0)

ホールドするためには、どこを見てどう考えるのか? 

ACAD33.gif

ACAD +2070ドル をサンプルに解説。

  

デモトレード7日目 でのACADですが・・

  

かんきちくん
2016年6月22日 12:04

上達早いですね~!
あっという間に追い抜かれるかも(>_<)

ACAD のゲインは、QMALLならではですね!
QM33だと、若干利益が落ちてしまいました。

それにしても、オフィシャルのホールドはすごかった。

いまだにあそこまで伸ばせる基準を
自分は持てずにいます(汗)

 

tokyojoe
2016年6月22日 12:31
そうそう、2000ドルオーバーですからねぇ
ダメなのはすぐに切って、伸ばせるものはとことん伸ばすっていう感じでしょうか

 

かんきちくん
2016年6月22日 22:06
基本は、そうなると思いますね~

どの銘柄も、トータルの損益がプラスの時は
トレンドを割るまで(自身のルールに基づいて)
伸ばしていく感じだと思います。

オフィシャルの手仕舞いの位置でも
まだ大きなトレンド、20MAは割ってないので

先生の解説も「まだ粘れた」というような感じの
メッセージに見えました。

実際粘れば、あの後も利益は増えてますね~
粘る時間には、見合ってない利益気がしますがw

 

 

この日の記録はこちらにあるが・・

問題は23時3分からの陽線4本のプルバックだ。

 

この23時頃の時点で VRTX ▼100ドル  PYPL +220ドル。

つまりトータルで+120だったわけだ。

 

ACAD33-2.gif

すでにレンジアベレージにヒットして反転中。

なので陽線3本目のアタマで逃げると +880ドル。

ほとんどの人はこのあたりで出てしまうだろう。

    

だが陽線4本のプルバックは、まだその前の長い陰線を呑み込んではいないのだ。

しかも+580ドルは確保できているのだ。

ストップは+580ドル。

ACAD3.gif

その前の長い陰線では・・

呑み込まれ気味だが、ダウントレンドゾーンの中。

なので、当然ホールドだ。

  

この23時の長い陰線は、まだ陽線4本に呑み込まれていない。

ダウントレンドゾーンの中から少しアタマは出ているが・・

何よりもトレンドラインである20MAに沿って、下げているわけだからね。

 

ダウントレンドゾーンが崩壊し、さらにポイントとなる前の陰線が呑み込まれたら、逃げればいい。

  

上の2カ所のプルバックは、この2つの条件を満たしていない。

だから逃げる必要はない。

  

しかも+580ドルのストップにさえ当たっていないのだ。

つまりホールドを続けても負けはないのだ。

それまでの+120と合わせると +700ドルは確保。

   

負けるというリスクがないのだから、可能性に賭ける。

というわけで当然ホールド。

  

他に伸びる可能性のある銘柄は、ないわけだからね。

    

さらに指数をチェックすると・・

  

COMP3.gif

ナスダック総合指数3分チャート

 

赤いマークが、ACADの陽線3本目のアタマと同じ時刻。

このように指数はまだダウントレンドゾーンの中。

その前の陽線は陰線を呑み込んでいるわけではない。

 

このように指数を見ても、ACADはホールド。

 

   

で、手仕舞いの理由だが・・

長時間ホールド疲れとあいまってまだ20MAは割っていないけれど・・

レンジアベレージの2倍近くまで下げているうえ、2千ドル獲れればいいでしょう。

 

ではさらに頑張ればどこまで伸ばせたのか?

をチェックしてみると・・

ACAD9.gif

上は9分足チャートで、+2210ドル。

  

12時45分で手仕舞いして+2070ドル 

3時までホールドしても+2210ドル。

 

その差は140ドル。

この140ドルを獲るのに2時間15分かかるわけだ。

    

ACAD33.gif

12時45分までの、3分チャートで見ると・・

 

2段下げが起こっていることがわかるだろうか?

2回目の下げる波の継続時間が一番長くなっているのは、2段目の下げはプロの狩り場だから。

ACAD33-3.gif   

5のハイローバンドで見ると、一度アタマが飛び出している。

つまりここが一段目と二段目との区切りなのだ。

  

面白いことに米国ナスダックマーケット24(金)の2段上げと全く同じ事が起こっている。

ポイントはトレンドラインの20MA。

  

ここを見ているかどうかだ。 

 

この例ではレンジアベレージを越えると、シロートが再び参入。

二段ロケットの2回目の噴射のための燃料の役割を果たしている。

これは昨夜の米国マーケットと同じ図式だ。

 

違いはロングサイドかショートサイドかの違いだけ。

いつの時代も、膚の色や言葉に関係なく、人間の心理というのは同じなのだ。

         

このようにハイローバンドは、5のトレンドゾーンと、20MAのトレンドラインの2種類で、トレンドを見ることができるように設計された、トレンド判定ツールなのだ。

    

つまり2種類のトレンドを制することができれば、ガッツリ獲れるようになるというわけだ。

     

大きな波を2回クリア、つまり2段下げを獲ることができれば、その後で逃げても悔いはないはず。

そう考えて、ほぼ間違いないだろう。

    

参考になれば幸いだ。

       

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2016年6月25日 07:27に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「QuickMagic33 - 24(金)」です。

次の記事は「手振れを防ぐ設定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7