いかりスーパー7月下旬オープン

| コメント(0) | トラックバック(0)

いよいよ、Xデイが決まったようです。

ikari.jpg

いかりスーパー、三宮に新店開設へ 神戸の旗艦店 神戸新聞

食品スーパーのいかりスーパーマーケット(兵庫県尼崎市)は、JR三ノ宮駅南に「神戸三宮店」を7月下旬に開設する。同社は阪急神戸三宮駅の「神戸阪急ビル東館」に店舗を構えていたが、高層ビルへの建て替えに伴って閉鎖。後継店を三宮の中心部に設けて、神戸の旗艦店とする。

新店舗の「神戸三宮店」は、同駅南の三宮ビル北館地下1階に入居し、地下街「さんちか」と直結する。

売り場面積は計約450平方メートル。総菜やパン、生鮮食品を扱うほか、輸入チーズやワイン、食料雑貨品などもそろえる。自社製造の総菜は対面形式で販売し、チーズは客の目の前で切り分けるなどして、オフィスで働く女性らを取り込む。

旧店舗はことし1月に閉店した。新店は、神戸・元町の大丸神戸店内にある「いかりフロマージュテリア」に次いで26店舗目。

   

全国の「いかりスーパー」の店舗検索を見ると、結構あるんですね。

数え方にもよるけれど、24店舗以上!

     

さらに京都にもあるという。

京都で、芦屋セレブ御用達「いかりスーパー」へ行く

    

   

関連記事

新いかりスーパー

拝啓いかりスーパー様

いかり御影店へ行ってきた

おはぎ

 

 

で、ググっていたら・・ 

  

大型リゾート施設「ネスタリゾート神戸」が7月開業

グランピングからホテルまでを複合

NESTA RESORT KOBE を発見。

   

自然に囲まれた環境の中で、様々なスタイルで楽しむリゾート

2015年12月13日(日)に閉館したグリーンピア三木の新事業者として、大型リゾート施設「NESTA RESORT KOBE(ネスタリゾート神戸)」を2016年7月上旬にオープンします。

7月のオープン時は、まず第1章として、HOTEL/POOL/GLAMPING&BBQ/SPORTSの4エリアがオープン。

以降も広大な約70万坪の土地を「自然との共生による非日常空間の演出」「健康の増進」「幅広い世代が楽しめる施設」「リタイアメントコミュニティの創出」の4つを事業コンセプトに基づいて有効開発、2018年に最終完成を迎える予定。

  

延田エンタープライズ(大阪府八尾市)が100%出資するネスタリゾート(三木市)が運営する。

パチンコ店などの事業を展開する業者のようだ。

なるほど。

  

料金情報

 

施設の開業は、第1章と第2章の2段階に分かれているという。

7月1日にオープンを迎える第1段階では、グリーンピア三木ホテルがベースになっているようだ。

それが「雅モダンなホテル」を打ち出したホテル「ホテル ザ パヴォーネ(HOTEL THE PAVONE)」。

 

グランピングとBBQをテーマにした「グランプ バーベキュー パーク(GLAMP BBQ PARK)」

2トンの水を用意した関西最大級の水のエンターテインメント「水の要塞」などをそろえた「ウォーター フォート(WATER FORT)」。

さらに屋外テニスコートを設置したスポーツエリアも展開するという。

  

さらに2016年秋から2017年春までに順次営業を開始する第2段階では・・

  

日本で初めて年間300日以上稼働するイルミネーションエリア。

ワイヤーロープを滑車で駆けめぐるアドベンチャーアクティビティ・ジップライン(ZIPLINE)。

大阪府内で人気のスパ施設「延羽の湯」。

冬季限定のスケートリンク。

   

全部屋に温泉を完備した大人向けのラグジュアリーホテルや、戸建てタイプの高級宿泊施設「VILLA」など宿泊施設などを展開。

これまでの関西圏のリゾートにはなかった施設のようだ。

 

初年度の売上目標は25億円。

来場者目標は60万人。

 

2018年の完成以降は、年間で売上75億円。

来場者数は150万人から200万人を目標に掲げるという。

   

 
こちらにホテルの評価が・・

NESTA RESORT KOBE

ちょっと微妙な感じが・・(笑)

    

   

「グリーンピア三木」とは?

 

年金資金運用基金(旧年金福祉事業団)が設置した大規模年金保養の施設。

1980年(昭和55年)7月12日に開業。

 

運営主体は財団法人年金保養協会と株式会社エムアンドエムサービス。

2001年12月に特殊法人等整理合理化計画が閣議決定され、全国に13箇所あったグリーンピアを全て廃止。

つまりポシャッったわけです。 

最後まで残っていたグリーンピア三木も2005年(平成17年)12月20日(火)に兵庫県へ譲渡。

譲渡価格は当時の時価の5割で9億1855万円。

 

運営事業者は引き続き株式会社エムアンドエムサービス。

そして株式会社エムアンドエムサービスとの賃貸借契約期間が2015年(平成27年)12月19日で満了ということで
新たな事業者を募集。

  

必須事業は「ホテル及び温泉機能の維持を必須とする」というもの。

その募集に2者が応募し、2014年12月15日に「株式会社延田エンタープライズ」というパチンコ業者に決定。

兵庫県から延田エンタープライズへ11億1800万円で売却。

  

兵庫県の売却益は1億9945円。

 

グリーンピアは全13施設に年金保険料1,953億円を使い、売却総額は約48億円。

いわゆる典型的な国の無駄遣いというパターン。

  

今度は民間とはいえ、どうなることか・・

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2016年6月17日 22:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「湾岸線ドライブ」です。

次の記事は「QuickMagic33 - 17(金)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7