手仕舞いの位置

| コメント(0) | トラックバック(0)

トレード内容


・売買銘柄のティッカーシンボル:ENDP
・ショート
・株数:500

・エントリープライス:16.69(3分足チャート赤〇)
・エグジットプライス:16.37(3分足チャート青○)

感想

30秒チャートがないので、代わりに1分足チャートを用いて、最初の3分の流れをみました(黒四角の枠)。移動平均線にも潜っていないし、ショートに決定。2つ目の3分足の頭でエントリー。エントリー後、エントリー個所からちょっと離れた場所からローソク足が始まってあせりましたが、何とか利益で決済できました。決済理由は、下髭がでてきたので、そろそろ反転するかなという感じで、ほぼ感覚です。決済理由ももっと根拠をもてるようにならねば。

エントリーは問題ありません。

プルバックもほんの少し大きめですが0.17ポイントほど。

ここさえ我慢すれば・・というパターンでした。

  

チャートのように、「呑み込みパターン」が出たらその次のアタマで手仕舞いがいいでしょう。

手仕舞いは、トレンドが反転するサインをどうやって判定するかにかかっています。

  

今使用しておりますチャートに236ガイドラインのようなものがないか探してみたのですが、存在しないようでした。236ガイドラインがないと必勝パターンだけを狙え!の記事に記載されております手法は自分には使えないような気がしました。やはり無料のチャートの限界を感じております。

 

ということでしたので、トレードステーションを推薦。

 

マネックス証券のトレードステーションは無料で使えます。

なのに30秒チャートを表示させることができます。

  

236ガイドラインを表示させることもできます。

(今年の抱負 - Coolに過ごそう) で、チャートソフトについて書いています。

(タイムフレームの変更と表示期間 - TradeStation ガイド)

 

口座開設はこちらをご覧ください。

 

ただ、アメリカから申し込んでも大丈夫なのかどうかまでは確認していませんが・・

基本的には、日本に住んでいることを前提としていると思いますので口座開設のための書類などは、日本の住所へ送られてくるはずです。

ですので、ご両親などの日本の住所で申し込むのがベストだと思います。

 

何から何まで本当にありがとうございます。

早速今夜実家の親に連絡をとりまして、トレードステーション取得のための手続きを開始しようと思います。

 

あとは、やはり複数銘柄ホールドの練習ですね。

まずは3銘柄からです。

 

同時エントリーの訓練は、QMAALというトレード手法が最適でしょう。 

QMALL高勝率の仕組み

この手法は3分足チャートと1分足チャートの併用で始められます。

    

   

関連記事

 

リクエスト

パニックを狙え

パニックの仕組み  

銘柄選択

  

なぜ3分足2本目なのか?

クイックマジックプレイの起源

クイックマジックプレイ

  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2016年6月12日 07:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「QM33先週のパフォーマンス」です。

次の記事は「満足度を上げるには?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7