生産性

| コメント(0) | トラックバック(0)

現在に生きる私たちは、余りにも気ゼわしく、するべきことに振り回されがちです。

procuctivity.gif

一日のうちに、使える時間というのは、本来ほとんどの人が平等に持っているはずなのですが、実際には余りにも個人差が大きいのが現実。

個人が経済的な自立を実現するためには、効率的な手順というものが存在します。

     

限られた労力と時間を節約し、なおかつ有効に活用するには、手順を明確にして実行する必要があります。

現在までの5年間の取り組みで、経済的な自立を手に入れる方法を、ようやく体系化することができたのですが、今年は新しい取り組みにチャレンジ!

それは低コスト化への道筋です。

     

今年の抱負でも書いたように、現在の選択肢は、昨年までと比べ、一気に4倍に増えたのですが、では具体的にどうすればいいのか?

今年はこうした方向への取り組みで、一人でも多くの人を真の経済的自立への門をくぐってもらうことができるように頑張る。

そのためには、復活はいつか?で書いたように、4月頃からは体調も万全の状態になるはず。

     

具体的な手順は、ほぼ確立しているため、ポイントはコストを下げるための工夫と取り組みが、どこまでできるかにかかっているわけです。

というわけで、このシリーズは続きます。

   

     

関連記事

 

在宅勤務

今後の経済展望

加速する異変

老後貧乏を避ける最大のカギ

意外な伏兵

自信の構築

簡単ではないけれど・・

投資家はカモ?

当社比という考え方

貧困化する社会、できて当たり前の生活防衛「30のリスト」 

feedly 拾い読みWATCH

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2015年2月11日 22:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「第57回グラミー賞」です。

次の記事は「何が本物なのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7