ビタミンで放射線障害死が減少

| コメント(0) | トラックバック(0)

防衛医大がマウス実験   【共同通信】  以下へ全文引用

1129C8.jpg

 

放射線で被ばくしたマウスにビタミンCを大量に投与すると、急性放射線障害で死ぬ割合が減ったとする研究結果を、防衛医大のチームが5日付の米科学誌電子版に発表した。

 

 

 

被ばくで体内に発生する有害な活性酸素が、ビタミンCの働きで抑えられた可能性があるとチームはみている。

新たな被ばく治療の開発に役立つ可能性があるという。

 

チームは、マウス30匹に致死線量に近い放射線を照射した。

直後に、半数の腹部に60ミリグラムのビタミンCを注射すると15匹中14匹が生き延びた。

ビタミンCを与えなかった15匹は、8匹が骨髄の働きに障害が起きて死んだ。

 

  

関連記事

 

青天の霹靂

高濃度ビタミンC点滴

体調向上作戦

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2015年2月 5日 07:34に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ドーワッツ」です。

次の記事は「朝の雲」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7