腰痛には梨状筋

| コメント(0) | トラックバック(0)

パナソニックの最新型マッサージチェア「リアルプロEP-MA85M には、お尻の大臀筋(だいでんきん)の奥にある「深層筋(梨状筋)」をほぐす機能が付いた。

0612rijyokin01.jpg

梨状筋(りじょうきん)

  

ここは腰痛撃退には必須の攻撃場所なのだ。

さすがパナソニック。ただし押す位置と角度が大事。

  

オレはいつもクマチャンにガシガシ押してもらっているので、揉む場所や強さはよく分かっている。

だが、良く分からない人は、一度上手なプロに揉んでもらって場所をしっかり覚えることが大事。

   

だが、こうしたマッサージチェアを使わなくても、ここを攻略する方法がある。

ウッドボールオーダー・ウッドボール を使えばいいのだ。

これらの「玉」の上に、梨状筋(りじょうきん) の部分を載せ、体重をかけてほぐせばいい。

揉む強さは、体重のかけ方で調節するわけだ。

     

ウチは木製ボールが、オフィスや、ベッド、酸素カプセルの中など、いたるところに転がっている。

気が向いたとき、ボールでグイグイ押して緩めるためだ。

とにかく、疲れが溜まってきたなと思ったら、マメに手当てするのが一番。

 

お試しあれ!

  

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2014年6月18日 17:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「血液・オゾン・クレンジング」です。

次の記事は「オゾン・クレンジング4回目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7