タカダイオンは音に効く?!

| コメント(0) | トラックバック(0)

ion-speaker02.jpg

 

タカダイオン 水をイオン化という検索ワードでググっていたら・・

タカダイオン電子治療器・その5に遭遇!

 

ion-speaker01.jpg

スピーカーののターミナルに治療版(電極板)を当てて3~5分をそのまま放置すればいいというので、スピーカーケーブルを外し、電源コードを抜いて10分ほどスイッチオン。

エージングと反対の現象が起ると書かれていたのだが、確かに低域は締まルようになっている気がする。

 

とはいえもともとが鮮烈なサウンドで充分満足していたので、本来はオーディオの試聴でやるように、2セットを聴き比べないと、断定はできないのだけれど、と言いながら現在「サウンドチェック」用の18曲を順次再生中。

 

で同じページの最後の方にあった電子防錆システム

こちらにいろいろあって、CAT-MK3 STD12Vとかが該当製品なのだろうけど、オレの車は新しいからなあ・・

  

 

オプティマルライフ・おいしい製品情報をググって見つけたタカダイオン関連記事

タカダイオン電子治療器 25

タカダイオン電子治療器 23

タカダイオン電子治療器 21

タカダイオン電子治療器は原爆後遺症の患者にも使用されたという新聞記事

タカダイオン電子治療器 16 無感覚な治療法

タカダイオン電子治療器 12

タカダイオン電子治療器 6

タカダイオン電子治療器 4

 

オーディオと波動は密接な関係がある

RR-777については2014月05月03日(土)に書いている。

    

 

ハナシは変わりますが、タカダイオンの使い方でコメントをいただきました。

 

こんにちは。
本日振り込みを済ませまして、タカダイオン購入いたしました。
この少し前に大量にマイナスイオンを発生させる機器を購入、
仕事部屋に設置しましたところ、とんでもなく私には効果が
ありまして、血行がよくなったせいか肌に一番先に効果が
現れ全身つるつるになりました。
本当はAWGという治療器をいつか購入しようと考えていたのですが
(こちらも電子を体に流しますが、症状ごとにコードがあり、その
コードを入力して使用します)、空気清浄器でこれほど効果が
あるのであれば、まずはタカダイオンを購入するのはどうかと、
検索していたところに管理人様のブログに当たり、決心した次第です。
管理人様の他のページも読ませていただきますと、マウスの使用で
右肩から手が凝るとのこと、もうお使いかもしれませんが、
ローラーバーマウスを使用すると劇的に右手が楽になりますよ。
私は翻訳者なのでローラーバーマウスなしの仕事は考えられません。
タカダイオンの記事を楽しみにしております。

 

マルメゾンさん

コードを入れるAWGという治療器については一応知ってはいるのですが、それなりの値段なのに、詳細な情報が少ないので、踏み切れず、結局タカダイオンになりました。
タカダイオンも肌の状態は、とてもよくなります。
最初の一ヶ月はじっと我慢して使い続けるというのが最初の壁ですが。(笑)
何しろ動作中は何も感じないので、本当に効果があるのか?って思ってしまいますからね。

それはそうと ローラーバーマウスって知りませんでした。ガーン!(笑)
いやあ知らない事って沢山あるものです。使用されている感想をググってみると何故か翻訳の仕事をされている方が多い。相性がいいのでしょうか・・
トラックボールとかイロイロやりましたが、マウスに馴れきっているので、やはり最後はマウスに戻ってしまっています。ですが、速攻で注文したので今日あたり着くはず。
私も今、ちょっとした流れで、マニュアルの翻訳の仕事をやっているのですが、相性はどうなるか・・今からとても楽しみです。当たればビンゴ!なわけです。それに新しい事への挑戦って心躍ることですからね。その機会をいただいた マルメゾンさん に感謝です。

  

ハッチ先生、こんにちは。
いつも情報ありがとうございます。
昨年来より頭痛に悩まされているため藁にもすがる気持ち(^^;;で
購入してみました。

    

なかさん

頭痛ですか・・痛いのはイヤですよね。頭痛っていろいろな原因があると思うのですが、カラダの凝り、食べ物の影響など数え上げればキリがありませんからね。たぶんできることは既にされているはずだとおもいますが、そうなると最後の頼みの綱というわけですね、タカダイオンで良くなることを祈っています。

 

 

関連記事

 

ADAM S2X レビュー

スピーカー選び

自宅AVシステム音質向上作戦

Xone:92

プロ・ケーブル

趣味のオーディオ

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年7月24日 04:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「InstagramのNewアカウント」です。

次の記事は「報道腕章効果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7