ボディソニック

| コメント(0) | トラックバック(0)

lopassfilteramp.jpg

  

オフィス(書斎)で使っていたファンソニックというボディソニック用アンプがご臨終。

  

funsonicamp.jpg

長年活躍してくれたファンソニックアンプ。 

  

調べると販売中止になっていた・・

メーカーに問い合わせするが、なしのつぶて。 

  

仕方ないので、アンプとローパスフィルターを組み合わせて自作してみた。

まあ自作と言うほどでもないけどね。(笑) 

  

lopassfilter01.jpg

ローパスフィルター【基板完成品】+電源セット WP-903LPF+ADP

共立エレショップAセレクトが販売・アマゾンで5022円

  

RCA 分岐 アダプタ ペア 1→2分配 金メッキ 変換 ショートタイプ

アマゾンで756円 

 

lopassfilter02.jpg

このアクリル部分は自分で組み立てる。

まあこの程度なら誰でもできるからね。^^V

   

XONE:92からのBOOTH出力信号(ボリューム可変)をローパスフィルターへ。    

すると100HZ以上をカットして低音信号だけになる。

  

その信号を SMSL SA-50 デジタルアンプ 50Wx2 T-AMP 高品質HIFI(ブラック)へ。

その出力をボディソニック用振動ユニットへ、という流れだ。

      

完成したセットで聴きながらこれを書いているが、ボディソニックはイイ!

何よりも低域の臨場感が圧倒的なリアリティーを持つようになる。

  

なのに、アンプとスピーカーを組み合わせたシステムがないというのが不思議。 

上海問屋で、振動ユニット(50W)は買えるからのでいいんだけどね・・

  

ドスパラ、重低音を振動で伝える「ボディソニックトランスデューサ」

これは安いけど、20Wなので迫力はどうなんだろう・・ 

   

 

関連記事

   

アンプラグド

クルマにボディーソニック

自宅AVシステム音質向上作戦

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年9月11日 17:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「SaturdayNight 0909」です。

次の記事は「美人とお金持ち」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7