フォトショップ技

| コメント(0) | トラックバック(0)

HH5-1.jpg

上の写真は今年の夏、完成した、ヒーズハウスⅤ

4棟目の賃貸アパート物件。

   

建物が完成すると、建築会社から完成した建物の絵または写真が納品されることになっている。

だが今回の写真では、電柱が残っていた。

ScanHH5.jpg

今回は紙にプリントアウトされたものだったので、スキャンしてデジタル化。

    

こういう写真は、普通電柱とか電線とかは消されているのが普通。

だが電柱の背景となっている建物はパターン化された模様状の部分が多い被写体だ。

こういうものは、消すのが非常に難しい。

  

そのため消して「おかしくなる」くらいなら、残しておこう。

という判断だったのかもしれません。

 

それくらい、消すのは大変なのです。

      

では電線って、どうやって消してゆくのか?

     

HH5-0-org.jpg

これがオリジナル。 

建築会社が撮影したオリジナルも、これと似たようなものだったはず。

   

HH5-0-org2.jpg

まず、歪みを修整。

できるだけ真四角に補正。

   

HH5-0-org3.jpg

手前から向こうへの電線を消した段階。

これだけでもかなりスッキリする。

 

HH5-0-org4.jpg

そして難題の電線消し。

これは右端から電線を消している途中の段階。

 

この段階では範囲選択ワザに加え、コピペツールが大活躍。 

結構大変ですけどね。

HH5-0-org5.jpg

電柱や電線をすべて消去。

最後に色調や明るさなどを調整。

左の建物の上にあった金網状のものも消してあります。

   

HH5-1.jpg

そして青い空を合成したら完成です。

プロも消すことができなかった電柱も消してあります。

       

HH5-0-org7.jpg

ちょっとエフェクトをかけてみました。

  

HH5-0-org8.jpg

この程度なら使えるでしょう。

  

フォトショップを使えば、写真からどんな邪魔なものも、消すことができます。

ただし、モノによっては時間がかかります。

つまり消すことの難しさに比例し、お金がかかるのです。

  

どこまで手間ヒマ、つまりお金をかけるのか。

結局はそこの問題、ということになるわけですけどね。(笑)

    

   

関連記事

  

フォトショップで消す

瑞宝寺公園

フォトショップエレメンツでアクション

フォトショップで塗り絵

フォトショップのアップデート

Photoshopの新機能

フォトショップCC2015の新機能

フォトショップは範囲選択がキモ

焦点領域を使った範囲指定

Photoshop CC アップデート

エッジの処理

日常にアートを持込めるカメラ

消えるCS5

フォトショップCS5

無料のオンライン・フォトショップ

フォトショップを使った写真サイズの変更

フォトショップの使い方はYouTubeで!

スポット修復ブラシツール・アゲイン

スポット修復ブラシツールでどうやるのか?

こういうときのスポット修復ブラシツール

きれいに画像を拡大するフォトショップ技

フォトショップ新機能・焦点領域

クロマキー合成

HDRトーン

デジタルなズーム

ハイダイナミックレンジ合成

レンズ補正

簡単に消えるので・・

PhotoshopCCのアクション

フォトショッパーへの道

Photoshop Elements 9

Photoshop大規模アップデート

邪魔者は消す

レーベル画像の作り方

Lightroom6

Lightroom の自動補正

直感的に使える Lightroom4

LightRoom4

写真にはこれ一本!

色かぶり

ミニチュアで撮ってみた

ミニチュア風写真のしくみ

写真を味付けする

初日の出 2008年

   

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2016年12月26日 07:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「今日の切れ端」です。

次の記事は「パーティ雑感」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7