久しぶりのクルマネタ

| コメント(0) | トラックバック(0)

マニアではないアナタにもの3行目アタリで、あっこれってモリケータさんだ!

とすぐに分かってしまったのはモータージャーナルを読んでいるからか?

0804BMWM4.jpg

元気の出るインプレッションでも書いていますけどね。

というわけで、久しぶりのクルマネタであります。

 

で記事を読むと・・スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッドの諸元表を見ると、中古で値段が下がってきたら狙い目のクルマではないでしょうか。そんな気がします。

  

   

話は変わりますが、8月にタイへ行ったときに撮ったクルマ関係の写真を何枚かアップ。

フォルダーの中で腐らせるのもねえ・・(笑)

0804audiR8.jpg

これはタクシーの中から撮ったショット。

タクシーのウィンドウが汚く、白っぽく写っていたのを無理矢理補正。

  

トップの写真はBMW・M4ですが、貧乏人か金持ちかという二極化ワールドのタイでは、庶民にとってはこうしたクルマは夢のまた夢。

何しろタイでは、カローラが500万円から800万円位するわけですからね。

もちろん売るときにも、同じ割合で高いため、最初に買ってしまえるかどうかという世界。

   

タイで滞在中に見た唯一のシトロエン。

0804CitroenDS3-01.jpg

DS3 

  

0804CitroenDS3-02.jpg

タイのタクシーは色が派手なので、道路はまるでおもちゃ箱。

なので、こうした色が良く映えるんですね。

  

0802citroen.jpg

たまたま通りがかったシトロエン・プジョーディーラー。

ショールームの中は、プジョーが一台だけ展示されているという、寂しい状態。

   

0804photoloke.jpg

町ではこうしたロケに出くわすことが結構多い。

 

 

おまけ

 

世界が仰天した「日本車の変な名前」ワースト7

一体なんでこんな名前をつけてしまったんだ?

 

という記事を見つけたので、引用しがてら、画像を探して合体。

どういう車かがわかるようにしてあります。

 

bighorn.jpg

1. いすゞ・ビッグホーン

 

ビッグホーンという名前の由来はロッキー山脈の岩場を軽々と走り回る「大角鹿」から来ているという。しかし、角を意味するホーン(horn)は英語の俗語で男性器を意味し、horny(性的に興奮した)という言葉もこれを語源とする。1981年に販売が開始されたビッグホーンは2000年代に入り、製造終了になった。

    

  

nakid.jpg

2. ダイハツ・ネイキッド

  
Nakedは英語で裸やありのままの状態を意味する。その名の通り「むき出しの素材感」がデザインテーマとなったこの車だが、考えてみてほしい。もしも、「全裸」という名前の車があったら、子供を乗せて走るのにふさわしい車だと思うだろうか。ネイキッドという名前が通用するのは恐らく日本だけだろう。

   

  

legnum.jpg

3. 三菱・レグナム

 

三菱の担当チームはレグナムという名前がかっこいいと思ったのかもしれない。しかし、英語ではこの名前はleg numb(足が痺れる)というフレーズを思い起こさせ、なんとも冴えない。

 

 

fuga.jpg  

4. 日産・フーガ

 
日本語では"華麗"、イタリア語では"逃走"を意味するフーガという言葉はラグジュアリーカーの名前にはうってつけに思える。しかし、英語を母国語とする人々にはこの言葉は腐りかけたマッシュルームを連想させ、車の名前としてはなんとも微妙だ。

  

 

pajero.jpg

5. 三菱・パジェロ

 
スペイン語圏ではPAJEROという名前は「自慰をする人」を連想させる。ヨーロッパではこの車種はショーグンという名に車名を変更し販売された。

 

 

rapyuta.jpg

6. マツダ・ラピュタ

 
マツダの担当チームはおそらく、「ガリヴァ旅行記」で主人公が訪れた空に浮び自在に移動できる島、ラピュタに因んでこの名前をつけたのだろう。しかし、ラピュタは世界で3億人が使用するスペイン語では、売春婦を意味する単語だ。

   

 

dingo.jpg

7. 三菱・ディンゴ

 
ディンゴはオーストラリアに生息する野生動物。外見は犬とそっくりだが、非常に獰猛な性質を持っており、過去に人間の赤ちゃんを食べてしまったことが広く報道された。三菱自動車のマーケティング担当はこのニュースを知らなかったのだろうか。

 

しかし、こうして見ると、妙な名前と車の魅力度とは相関関係があるのではないだろうか。

とつい思ってしまうのは、気のせい?(笑) 

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2016年9月13日 09:35に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「午後の雲」です。

次の記事は「自衛するべし」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7