Kool & Klean Vol.7

| コメント(0) | トラックバック(0)

koolandclean7.jpg

  

Kool & Klean にコメントをいただきました。

ありがとうございます。

      

やはり、Pual-hardcastleつながりでしたか。ロシアサウンドとは思いませんでした。

メロディーとビートの融合がいいですね。

   

重過ぎず、かといって軽過ぎない、というなかなかバランスのいいサウンドです。

強力にキャッチーなメロディーこそありませんが、飽きさせないアレンジは、ありそうでないですからね。

 

日本のミュージシャンはどうしてこういうのができないのか?

て、ふと思ったりしますが・・(笑)  

   

Kool & Klean - Volume VII (Sample) *THE SMOOTHJAZZ LOFT*

こちらは最新作ですが、YouTube でザッとサウンドがわかります。

 

アマゾンドットコムだと12曲全曲が聴けます。

とは言っても各曲30秒だけですけどね。

 

fecebook へ行くと、本人?が YouTube へアップしたURLのリンクがあります。

I've got today a great news for my fans and followers.

New Kool&Klean - Volume VII is just released and can be heard and downloaded from all major digital platforms. Please, take a minute to sample my new creation here: https://store.cdbaby.com/cd/koolklean7
Every feedback is highly appreciated, I love to hear from each of you!

Cdbaby へのリンクでも、各曲30秒だけ聴けます。

 

コンスタンティン・クラストル / Konstantin Klashtorni で Web を検索すると・・

http://www.klashtorni.com/ ここがホームページのようです。

 

サンプルというページがあって、サックスだと・・

ファンク・ジャズ・ポップ・R&B・ラテン・ディスコ・ロック・アフリカ・ラウンジ

フルートもディスコ・ポップ・ジャズ・ラテンなど。

  

たとえばサックスのラテンだと・・

Merengue -120 Bpm
Bossa -120 Bpm
Cha-Cha -130 Bpm
Salsa -180 Bpm
96 Solos 16 bar each, covering all major and minor keys
Format: WAV - 24bit
Delivery: Instant download

つまりこれに合わせて練習できますよ、ということなんでしょうね。

 

 konstantin.jpg

  

そして経歴を見ると・・ 

Konstantin Klashtorni is one of the brightest musician/composer/producers in the world today. His ability to express his emotions through the saxophone is unequalled by his peers. He has cultivated his jazz stylings by educating himself in classical, Latin and modern electronic music. His unceasing enthusiasm to stay on top of the advances in the music business drives him to always train in new and emerging styles. His relentless work ethic has pushed his accumulation of professional experience as a musician in the studio and on tour as well. His perpetual thirst for knowledge explains need to study various innovations in music production methods. And all of this has been going on for more than thirty years.

Konstantin's love for Smooth or Contemporary Jazz began in his college years. He would listen to David Sanborn, Eric Marienthal, Al Jarreau, George Benson, Spyra Gyra, Mezzoforte and many more. He absorbed every sound and nuance and found he had his own musical signature. He acknowledges being greatly influenced by such icons of Jazz as Charlie Parker, John Coltrane, Freddie Hubbard, Woody Shaw, Pat Metheny and Chick Corea. In studying Jazz musicians and groups, Konstantin learned not only their the feel of their solos, but how they interacted with each other within each piece. This helped him to master his own voice within the most complicated musical languages, Jazz.

Konstantin obviously loves the classical jazz school. However, in maturing as a musician, he increasingly gravitates toward melodic popular jazz with his own beautifully rhythmic arrangements. Most recently, Konstantin studied the works of musicians such as Kirk Whalum, Dave Koz, Gerald Albright. Konstantin admits to having learned much about production from the young and talented Brian Culbertson. This prompted him to record his own first discs. Of course, these first works leaned toward the stylings of those artists listed here.

One day, after listening to music the likes of Paul Hardcastle and other European artists, Konstantin felt he gained an even clearer sense of his own style. Since then, he has begun to create his own works that reflect his own personal style and signature. While Konstantin's music is uniquely his own, it also naturally encompasses the elements of Contemporary Jazz, Chill Out and Lounge. Konstantin's unique style gave birth to the Kool & Klean collection. The popularity of the Kool & Klean collection led to Konstantin's development of a sister series. The Chillaxing Jazz Kollektion contains elements of Chill Out and New Age.

Konstantin Klashtorni is now known not only to professional musicians and producers, but also to music lovers throughout the globe. Every year he releases more than 30 new compositions, making him one of the most productive, successful and powerful musician/composer/producers on the Smooth Jazz scene today.

 

意訳

 

Konstantin Klashtorniは今日、世界で最も有望なミュージシャン/作曲家/プロデューサーの一人です。彼の感情をサクソフォンで表現する彼の能力は、類を見ないものです。彼はクラシック、ラテン、そして近代の電子音楽を学び、ジャズスタイルを育んできました。彼の絶え間ない熱意は、音楽ビジネスの進歩にとどまらず、常に新しいスタイルを模索しています。彼の絶え間ない努力で、スタジオやツアーなどミュージシャンとしてのプロフェッショナルな経験を蓄積し、知識に対する彼の永遠の渇きは、音楽制作方法における様々な革新を研究する必要性を説明している。そして、これらの試みは30年以上続いています。

コンスタンティンのSmooth or Contemporary Jazzへの愛は、大学時代に始まりました。彼はDavid Sanborn、Eric Marienthal、Al Jarreau、George Benson、Spyra Gyra、Mezzoforteなどを聴き、すべての音やニュアンスを吸収し、彼自身の音楽的特徴となっています。彼はチャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーン、フレディ・ハバード、ウディ・ショウ、パット・メセニーやチック・コリアなどジャズのようなアイコンたちに影響されていることを認めています。コンスタンチンは、ジャズのミュージシャンやグループを勉強する際に、ソロの感性だけでなく、各作品内でどのようにお互いがコミュニケートしているかを学びました。これは彼が最も複雑な音楽の言語であるジャズの中で自分のサウンドをマスターするのに役立ちました。

コンスタンチンは明らかに古典的なジャズを愛しています。しかし、ミュージシャンとして成熟するにつれて、彼はますますメロディック・ポピュラーなジャズに向かい、自分の美しくリズミカルなアレンジを生み出しています。最近、KonstantinはKirk Whalum、Dave Koz、Gerald Albrightなどのミュージシャンの作品を研究しました。コンスタンチンは、若くて才能のあるブライアン・カルバートソンの作品を多く学んだことも認めています。これらの成果は彼自身の最初のアルバムに記録されています。もちろん、これらの最初の作品は、ここにリストアップされているアーティストのスタイリングに影響を受けています。

ある日、ポール・ハードキャッスルや他のヨーロッパのアーティストの音楽を聴いた後、コンスタンティンは彼自身のスタイルについて、さらに明確なものを感じたのです。それ以来、彼は自分のスタイルを反映した作品を作り続けています。コンスタンティンの音楽は独自のものですが、コンテンポラリー・ジャズ、チルアウト・アンド・ラウンジの要素も当然含まれています。コンスタンチンのユニークなスタイルはKool&Kleanコレクションを生み出しました。Kool&Kleanコレクションの人気は、Konstantinのシリーズとして発展してゆきます。Chillaxing Jazz Kollektionには、Chill OutとNew Ageの要素が含まれています。

Konstantin Klashtorniはプロミュージシャンやプロデューサーだけでなく、世界中の音楽愛好家にも知られています。彼は毎年30曲以上の新曲をリリースし、現在Smooth Jazzのシーンで最も生産的で、成功し、強力なミュージシャン/作曲家/プロデューサーの一人になっています。

ジャック・ヘイジー

 

1219raderdetector01.jpg

今週からアルピナD3でも、ヘビーローテーション!

   

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年12月20日 13:06に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ALS進行押戻作戦95日目-100日目」です。

次の記事は「モディファイ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7