チャック・ローブ逝去

| コメント(0) | トラックバック(0)

chuckloeb.jpg

 

最近のヘビーローテーションアルバムという書き出しで書いた UNSPOKEN が遺作となってしまった。

癌のため先日の7月31日午後9時に享年61歳で逝去。

   

Chuck Loeb & Friends + Eric Marienthal - Jazz San Javier 2014

  

1955年12月7日、ニューヨーク州ナイアック生まれ。

11歳でギターを弾き始め、13歳で地元のバンドでギグを始め、フィラデルフィアのギタリスト、そしてDennis Sandoleの仲間の推薦でジム・ホールと一緒に学び、高校卒業後、バークリーで1976年まで学ぶ。

 

その後、NYCに移り、Chico Hamilton、Ray Barretto、Hubert Laws、Freddie Hubbardなどの様々なジャズ・プレイヤーとサイドマンとして活動を始める。

1979年頃、Stan Getz が Loebにバンドへの参加を要請し、約5年間スタン・ゲッツのバンドでプレイし、グループの音楽監督も担当。

 

このときにスペインの歌手Carmen Cuestaと出会い結婚。

1984年に彼はステップ・アヘッドのバンドでマイケル・ブレッカーのグループに参加。数年間ツアーと録音を行っている。

ローブはこのBreckerから大きな音楽的影響を受けたという。

 

2010年、ラリー・カールトンの代わりにスムース・ジャズ・スーパー・グループのFourplayに参加し何年もツアーと録音を行っている。

また彼は、ジャズだけではなく、映画やテレビ番組の作曲家としても、ABCのナイトライン、生きるための一生、モンテルウィリアムズショー、アトランタブレーブス、ニューヨークヤンキースとニックス、ESPN NCAAカレッジバスケットボールのテーマミュージックなど、多くの作品を残している。

CNN Headline Newsのテーマも彼の作品だ。

   

CHUCK LOEB, GUITARIST AND COMPOSER PASSES AWAY AT 61.

英文だが JAZZ TIMES で彼に関する詳細な記事を読むことができる。 

  
   

奥さんは、スペイン・マドリード生まれのシンガーカルメン・クエスタ

子供はリジーとクリスティーナという二人の娘。

作詞・作曲ともにカルメン・クエスタによる2017年作。スペイン語で『言葉』を意味するタイトルチューン『Palabras』は、甘い思い出が蘇るようなミディアムテンポのボサノヴァ。ジャズ・ボッサ風味の『Vaiven』は初夏にぴったりな涼しげな楽曲です。テンポはスローで、声とギターが事前に合わさり、インティメイトな声に聞き惚れる『Belleza』は秀逸。

carmenquesta.jpg

彼女の4年ぶりのアルバム

  

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年8月16日 21:18に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「午後の雲」です。

次の記事は「朝の雲」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7