ジョン・ウィック:チャプター2

| コメント(0) | トラックバック(0)

0725johnwick2.jpg

 

シャレのわかる大人向けキアヌ・リーヴス映画の第二弾。

一作目よりも良い仕上がりだというので観に行ってきた。

   

John Wick: Chapter 2 (2017 Movie) Official Teaser Trailer

'Good To See You Again' - Keanu Reeves

  

業界の掟を破ったジョンは、自宅爆破という制裁を受け、7億円もの賞金首となり、世界中の殺し屋から追われるという展開。

銃弾を通さない生地を使った防弾仕様のスーツをオーダーし、敵陣に乗り込むという意表を突く仕掛けがナイス。

   

この手の銃撃戦アクション映画では、一発被弾したら終わりなのでヒーローの弾は百発百中。

敵の弾は徹底してヒーローを避けるという暗黙のお約束のもとで、観客は楽しまざるを得なかったわけだ。

   

冷静に考えれば「おバカ映画」とも言える設定だ。

だがこの映画では、こうした究極のご都合主義を、この防弾スーツが緩和するという仕掛けになっている。

  

被弾しても死ぬことはないが、かなりの痛みを伴うという適度な緊張感による演出は、重厚感を伴う武器調達の描写を含め、架空の現実感をうまく盛り上げる効果を挙げている。

   

1作目のテレビゲーム的な超接近戦での銃撃バトルは、この2作目ではさらにスケールアップ。

さらに、いわゆる悪役を演じるライバル達が、めっぽう強いのも、この映画の加点ポイントだ。

 

ストーリーはかなり荒っぽいが、その荒唐無稽さが、映画に凄みを与える効果を生み出している。

キアヌ演じる主人公のジョン・ウィックは、他に類を見ないアイデア満載のアクションスタイルで大暴れ。

 

そのため、相手をやっつけるという爽快感が半端でなく、見終わってからの満足感を大いに盛り上げてくれる。

独特の世界観を楽しんでいるうちに、あっという間に終わってしまうという仕掛けだ。

 

この手のアクション映画が好きな方にとっては、必見の作品ではないだろうか。

     

    

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年7月31日 06:26に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「金は買い時か?」です。

次の記事は「交換レンズと切り出し」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7