湾岸線2往復デイ

| コメント(0) | トラックバック(0)

235side01.jpg

   

この日の湾岸線2往復目は午後の時間帯。

そこで珍しい車たちに遭遇。

n2.gif

M2

  

デジタルズームのためボケ気味なのはご容赦を。(笑)

そして一台の車を挟んで・・

   

fgif.gif

フェラーリ

 

2台とも加速は頑張ってくれたが、巡航速度は低め。

そのため露払いをしてくれるわけではなかった。

   

235window.jpg

朝4時台の往復でフロントウィンドウは虫の死骸だらけ。

 

235tire.jpg

というわけで珍しく洗車。

ホイールの汚れは、機械洗車だけだとこの程度しか取れない。

       

日中は市内に入ってからの阿波座手前あたりが混むので、その時間帯には走りたくないのだけれど・・  

マンション賃借人の方が車庫証明が欲しいという事情で、都島警察署へ。

車庫証明の関連用紙を貰って帰宅。

    

クーペボディーの剛性が高いためだろうか、高速道路での挙動は実に安定している。

80キロくらいの安定感が、その2倍以上の速度域まで持続するためだ。

    

走行中の安定感が高いので、速度計をしっかり見ていないと、意図したより高い速度なりがち。

とはいえ、さすがに湾岸線を一日に3往復したことはないのだけれど・・

M235iの走らせ方で書いたように、隣にカミサンが乗っていると平均速度が変わってくる。(笑)

    

とはいえ、適度にタイトな室内に加え、ホールド感の高いシートとあいまって、パーソナルな雰囲気が実に濃厚なクルマだ。

そこがこのクルマを気に入っている点でもあるわけだが・・

 

走っていて実に疲れないという点も大きな美点だ。

加速減速が思いのまま、ストレスなく行える、という点も影響しているのだろう。

  

現在走行距離は2万2千キロ台。  

足としてホント使いやすいクルマだ。

   

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2017年9月15日 07:27に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ALS進行押戻作戦8日目-13日目」です。

次の記事は「デビュー戦」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7