マイクロバブル24時間風呂

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

マイクロバブルの風呂について、しばらく触れていなかったので、近況を・・

0607bath-microbubble.jpg

C型肝炎の治療中の痒みには、暑い湯温でのマイクロバブルシャワーが最高。

  

マイクロバブルのシャワーをカラダにあてると血流がほぼ7倍くらいになるため、まず血行が良くなるのだ。

そしてシャンプーやリンス、ボディーシャンプーなどは一切不要というのも素晴らしい点だ。

皮膚に必要な脂分を残し、汚れや老廃物だけを洗浄する働きがあるのも、マイクロバブルの大きなメリットではないだろうか。

     

風呂自体は、24時間風呂化してあるのでいつでも利用できるようにしている。

カミサンはマメに「おとめ塚温泉」へ行っているが、オレの場合、このマイクロバブル風呂があると、温泉へ行きたくなくなるから不思議。

40度を切る、いわゆる「ぬるめの湯温」でもしっかり温まるのは、活発な血液循環のなせるワザなのだと思う。

     

0607bathcurtain01.jpg

先日シャワーカーテンを新しいものに交換。

     

過去ログを調べてみると、マイクロバブルとの出会いを書いたのが2009年11月。

つまり間もなく6年が経過しようとしているのだが、その間マイクロバブルの発生装置は一切故障なし。

   

毎朝起きがけに入るマイクロバブル風呂は、一日の始まりを幸せな気分にしてくれる。

まさにプライスレス!

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2015年6月 8日 07:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ジェフ・ゴラブ」です。

次の記事は「中性子線まみれ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7