東京の水には注意

| コメント(0) | トラックバック(0)

福島事故放出セシウム 手賀沼など底土高濃度 東京新聞

0220radiationmap3.gif

東京電力福島第一原発事故による首都圏の放射能汚染問題で、本紙は新たに千葉、茨城両県にまたがる水郷地帯の湖沼を調べた。

これまで調べた東京湾や主要河川と比べ、大幅に高い濃度の放射性セシウムが検出された。

水の入れ替わりが少なく、流入したセシウムが抜けにくい地理的な特徴が影響していそうだ。 (小倉貞俊、山川剛史)

調査は一月二十六、二十七の両日、環境省の調査でも高濃度汚染が確認されている手賀沼(千葉県)をはじめ、印旛沼(同)、茨城県内の霞ケ浦や牛久沼で行った。

流れ込む川がどう影響を与えているかに着目し、計三十二カ所で底土や河川敷の土を採取。土は乾燥させた後、測定器で三時間以上かけてセシウム濃度を測った。

その結果、汚染が目立ったのは手賀沼で、沼の中心部や利根川につながる堰(せき)内の底土の放射能濃度は、乾燥させた土一キログラム当たり一〇〇〇ベクレル超を計測。

 

流入部から流出部まで高い値が出た。環境省の直近の調査では、三二五~三六〇〇ベクレルとさらに高い値も出ている。

手賀沼に流れ込む複数の川の周辺土も調べたが、七一七~四七〇一ベクレルと高かった。

指定廃棄物として特別の処理が求められる基準(八〇〇〇ベクレル超)より低いが、雨などで川に流れ込み、沼に運ばれてたまり続けていく懸念もある。

 

ただ、放射能が人体に与える影響(放射線量)は採取地点で毎時〇・一〇~〇・一七マイクロシーベルト(マイクロシーベルトはミリシーベルトの千分の一)と都心と大きな差はなかった。

印旛沼や霞ケ浦、牛久沼の河川流入部では二〇〇~三〇〇ベクレル台の地点が多かったが、湖沼の水深のある地点では濃度が高くなる傾向が見られた。

おおむね環境省の調査と同水準だった。

 

本紙の測定結果について独協医科大の木村真三准教授(放射線衛生学)は「ただちに騒ぐレベルではないが淡水魚は海水魚に比べ(セシウムを含む)塩類を排出する機能が弱く、セシウムを濃縮しやすい。長期的な観測が必要だ」と指摘した。

現実に、水郷で捕れた淡水魚では、いまだに食品基準(一キログラム当たり一〇〇ベクレル)を超えるセシウムの検出が相次いでいる。

このため手賀沼ではギンブナやコイ、ウナギ、モツゴの出荷制限や自粛が続く。霞ケ浦でもギンブナやアメリカナマズの出荷が制限されており、水郷への放射能の悪影響は収まっていない。

 

◆調査7回 各地の汚染今も

本紙は昨年五月から、福島第一原発事故による放射性物質の汚染状況を調査しており、今回が七回目。

福島県楢葉町の農地では水源の深刻な汚染を明らかにしたほか、いわき市志田名(しだみょう)地区では表土の除去が遅れ、農地の回復が遅れている現状を報じた。

東京湾や首都圏の主要河川でも要警戒レベルの汚染が続いている。

 

 

radiationmap.jpg

関連記事

 

騒げない心理

2014年の訃報数

海水「放射能不検出」実際は汚染

福島原発・海洋汚染収束せず

都道府県水道水蛇口セシウムランキング

気がつけば安全神話が復活

加速する異変

東京湾河口・残る汚染

原発事故の現状

 

0220radiationmap2.gif

 

 

被曝する高速道路、5.5μSv/h、線量計が設置された常磐道、3月1日開通(2/17 読売新聞)

http://radiation7.blog.fc2.com/blog-entry-5058.html

Tuesday, February 17, 2015 東京江戸川放射線


東京電力福島第一原発事故で建設工事が一時中断した常磐自動車道のうち、最後の未開通区間となっている常磐富岡―浪江インターチェンジ(IC)間の舗装工事が終了し、3月1日の全線開通に向け、17日に報道関係者に公開された。

同区間は福島県富岡町から同県浪江町までの約14キロ。帰還困難区域も通行しており、計6か所に放射線量の表示板が設置された。

この日は双葉町で毎時5・5マイクロ・シーベルトが表示された。

東日本高速道路東北支社によると、この区間を時速70キロ・メートルの車で走行した場合、運転手などの被曝ひばく線量は0・2マイクロ・シーベルトで、胸部レントゲン検査の約300分の1。

同区間内で故障などによって車外に1時間待機した場合でも10分の1以下だという。

同支社いわき工事事務所の真壁正宏所長は「舗装工事などで放射線量低減の効果は十分出ている」と説明。

「東北の動脈の一つとして多くの人に利用され、東北全体の復興につながれば」と話した。

 

神戸大学大学院海事科学研究科教授 山内知也さん談

私たちはこれまで大学の実験などで空間放射能の線量が1時間当たり1マイクロシーベルトというところがあれば、それは必ず扉の向こう側で、近づこうとはしませんでした。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2015年2月20日 09:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「朝の雲」です。

次の記事は「Chillaxin」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7