神戸ルミナリエ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年も恒例の神戸ルミナリエが4日から開催される。

神戸公式観光サイト  開催日は、平成26年12月4日(木)から12月15日(月) までの12日間。

2014kobeluminarie02.jpg 

2008年の神戸ルミナリエ  去年書いた神戸ルミナリエ

 

平成26年度「第20回神戸ルミナリエ」の開催について PDF 

 

2014kobeluminarie01.jpg 

会場では、朝から点灯試験

 

点灯1時間前から会場周辺で交通規制が実施される。

神戸ルミナリエ組織委員会は昨年並みの約350万人の人出を見込んでいるという。

例年、閉幕直前の土曜日が最も混みやすい。

 

昨年は約56万2千人が来場。

混雑時は行列に並んでから会場に着くまで最長1時間半かかるという。

平日の遅い時間帯がおすすめ。

    

2014kobeluminarie03.jpg

球切れのチェック

交通規制中は東遊園地に向かう道路が歩行者専用となる。

車両は通行できない。

土日曜はJR元町駅の西行き道路も通行止め。

平日の点灯時間は午後6時ぁら9時半(金曜は午後10時まで)

土曜は午後5時から10時。

日曜は午後5時から9時半。

 

  

決算見込概要

 

1.収入:約4億7千6百万円

 

来場者数の増加もあり、前年をやや上回る総額約5千6百万円の個人募金が寄せられた。

だが、厳しい経済状況もあり、協賛金収入が前回に比べ、約1千3百万円減の見込み。

 

2014kobeluminarie04.jpg 

2014kobeluminarie05.jpg

 

2.支出:約4億9千万円

 

警備配置の見直しにより、約6百万円が削減できる見込み。

港の再開発に伴い、作品の組立作業所を仮設する必要が生じている。

前回に比べ、作品制作費が約1千万円の増加となる見込み。

 

2014kobeluminarie06.jpg

試験はあっという間に終了し、消灯・・

 

寒い中、こうしてウロウロできるほど、体調は依然良好。

副作用軽減点滴の効果は想像以上のレベル。

嬉しい驚きだ。

 

  

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2014年12月 4日 17:14に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「還付手続き」です。

次の記事は「マスクをかける人達」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7