週末に見た映画2本

| コメント(0) | トラックバック(0)

ボルトは、2008年ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズ製作のCGIアニメ映画。

製作費は何と1億5千万ドル。だが興行収入は2倍の3億ドル。

1109bolt01.jpg

ボルト役の声はジョン・トラボルタが演じている。

 

  

Chase scene from Bolt 動画

  

精密なCGの美しさはどうだろう。

そして登場するキャラの表情の豊かさで、大人も楽しめる作品に仕上がっている。

   

キャラの立て方がうまいので、感情移入がしやすく、ミエミエのストーリー展開でも感動させてくれるのが凄い。

何よりも映画のテンポがいいので、ストーリーがどんどん進んで行っても入り込むことができるというわけだ。

大人も子供も友に楽しめるという、希有なCGアニメの作品だ。

    

     

   

ゾディアック

デビッド・フィンチャー監督はこの作品の撮影で Viper FilmStream Camera を使用、編集には Apple社のFinal Cutを使用。

全てが、デジタル作業で一貫制作されている。

1109zodiac.jpg

Zodiac Trailer 動画予告編

    

1960年代から1970年代にかけて、実際にあった出来事をもとにした本が原作となり、映画化された作品。

のっけからの、犯人による前代未聞の大胆な挑発によって、観客を一気に引き摺り込む展開が見事。

新聞社に奇妙な文字が羅列する暗号を何度も送ったりという、いわゆる国民との知恵比べで盛り上がるが、やがて迷宮入りかと思われるのだが・・

    

取り憑かれたように事件を追う3人の男たち。

だが事件を解決したいという執着心が、やがて家庭を崩壊させ、さらには自己崩壊へと繋がる様が描かれている。

殺人事件と並行させ、事件に関わった人物の内面をも描いているため、2時間37分という長い作品でありながら、飽きさせないのが凄い。

      

しかもこの映画がよかったのは何と言っても、最後に真犯人の名が分かるという点だ。

実に深い映画だった。 

    

  

おまけ

 

気がつけば安全神話が復活

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2014年11月 9日 17:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「土曜日雑感」です。

次の記事は「痒み止め」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7