H1装置一日経過インプレッション

| コメント(0) | トラックバック(0)

114日目

丸一日使った感想ですが、ますます入浴が楽しみになったということに加え、H1装置から生成される生バブルをうまく使うと、疲れが一気に癒されることを発見。

これは凄い!

湯温を上げずに長時間入るもよし、時間がないときは少し高めの湯温でケアするもよし。

B1で循環させたマイクロバブル濃度の高いお湯にうカラダを浸しながら、H1を加えることで、生バブルでもってカラダの要所をダイレクトにケアできるようになったわけですが・

このH1とB1の両方の装置を使ったコンビネーションを使った方法として、H1から出るお湯の湯温を最高に上げ、温灸のようにカラダのツボへ噴射させるという方法を考えたのですが、これは非常に効果があります。

この方法だと、15分くらいでもとりあえずの疲れをワイプアウトすることができるのですね。

回復治療効果として、これだけ短時間で体感できるものが、今まであったでしょうか?

にわかには信じがたいこの効果を目の当たりにすると「画期的」という言葉を使いたくなってしまいます。

B1にこのH1が加わることで、あたかも「合体ロボ」(笑)のようにカラダへのバブル効果の性能自体を飛躍的に高めることができるのですからね。

BHコンビネーションが持つポテンシャルが計り知れないことを、二日目にして実感できるとは、何と幸せなことでしょうか。

この歳になって、こんなに体調がよい毎日を過ごせるとは、夢にも想像できなかったわけで、いやあ長生きはするものです。(笑)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2010年3月 4日 00:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「H1装置初使用インプレッション」です。

次の記事は「入浴スケジュール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7