H1装置初使用インプレッション

| コメント(0) | トラックバック(0)

113日目

午後4時頃、シャワーヘッドを外して到着したばかりのマイクロバブルH1装置を装着。

同梱されていたネジのアダプターは不要で、セッティングは拍子抜けするほどあっけなく簡単でした。

大きなメリットは、今までのように頭を洗うときに使っていた手桶が不要になったことです。

 

頭部へ近づければ頭や顔を洗えますし、フロスをしたあと、口の中をしばらく照射するのもいい感じでナイスなのです。

 

今日は都合で息子を入浴させなくてもよかったので、食後に予約を入れてK先生に施術してもらい、帰宅後もう一度入浴してみました。

浴槽の湯温よりほんの少し温度を高く設定し、湯量を少なめにして、胃のあたりで静止させておいたところ、何とも気持ちよく眠くなったのです。

ウツラウツラしているうちに、気がつくとあっという間に20分が経過しているではないですか。

これが例の眠くなるっていうことなのか、と大いに納得。

ということは、生バブルが盛大に放出されているということなのでしょうね。


夕方に入浴した父にも、あらかじめ簡単に使い方を説明しておいたのですが、今日は入浴時間がはっきりと長かったのです。

うむむ・・

入浴後の「なかなかいいな」という父の満足げな表情から、このH1装置と今までのB1装置の組み合わせが、想定内のものではないな、という気はしていたのですが、夜の二回目の体験では、1+1は2ではなく3以上になっていることがよくわかりました。

見た目は小さな装置なのですけどね。

この組み合わせは、とにかく入浴後の満足度が非常に高いのです。

何故だかわかりませんが・・

予想外のことで、この点はちょっと意外でしたね。

今の時点では言葉だとうまく表現できないのですが、この組み合わせの体感効果は、あたかもマイクロバブルが切り開こうとしている未来を暗示しているかのように、感じた次第。

ますます深みに嵌ってゆくようです。(笑)

でも、明日の朝の入浴が楽しみです。^^

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2010年3月 3日 00:18に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ついに出ました!」です。

次の記事は「H1装置一日経過インプレッション」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7