入院当日

| コメント(0) | トラックバック(0)

入院当時の3日(金)は、あいにくの曇り空。カミサンと一緒にミニで西宮まで。

1003hospital02.jpg

朝10時に入院。

 

1003hospital01.jpg

病院のロケーションは西宮市役所の隣。

  

1003hospital11.jpg

身長・体重・体温・血圧を計測。その後血液検査。

病院の体温計は計測に1分半ほどかかるので、持参の体温計を使うことにした。

       

1003hospital03.jpg

11時頃、こそっと病室を抜け出し、カミサンとランチ。

病院の真向かいには木曽路。

    

1003hospital04.jpg

というわけで一番乗り。

 

1003hospital05.jpg

オレはしゃぶしゃぶコース。

  

1003hospital06.jpg 

先付け。

  

1003hospital07.jpg

ヘルシー。

 

1003hospital08.jpg

肉も美味しかった・・

 

1003hospital09.jpg

昼過ぎに病院へ戻るとランチが・・(笑)

一応糖質のものは避けているので、ごはんと、左下のさつまいもの煮物はパス。

     

しかし何もせずに待っていると長い。(笑)

ナースステーションで聞くと、インターフェロンの注射は先生の診察時間が終わってからだという。

   

大体何時頃になりますか?

と聞くと、午後5時過ぎになるでしょうとのこと。

    

だったら、午後3時頃あたりの時間に入院させてくれればいいのに・・     

  

1003hospital10.jpg 

病室にいても暇で仕方ないため、こそっと抜け出して近隣を散策。

 

1003hospital15.jpg

晩ご飯と、翌日の朝ご飯の足しに果物を調達。

  

1003hospital16.jpg

熱が出たときのために、コンビニで氷と30リッターのゴミ袋も購入。

    

やっと夕方になって、診察していただいた I先生ではなく。別の先生2名が来室。

女性の薬剤師さんも同席されたので計3名という布陣。

 

注射の前に、今までの経緯などを、根掘り歯堀りかなり細かく聞かれた。

こっちも暇だったからねえ。(笑)

 

プラセンタをあらかじめ打っておくと、インターフェロン治療がラクだというので、松本先生ところで、入院一ヶ月前からプラセンタを週二回。

あとは勝手に高濃度ビタミンC点滴25グラムも併用していることなど、かなり詳細に説明。

 

プラセンタやビタミンCを打つと、どういう感じになるんですか?

と先生方は意外ご存じないようだった。

 

体温は37度2分ほどの平熱ですというと、ずいぶん高いですね。

とちょっと驚かれていた。

 

と、そんなこんなで、予定通り5時過ぎあたりに、待ちに待ったインターフェロンを皮下注射。

あっけなかった。(笑)

     

1003hospital18.jpg 

ほどなくして、晩ご飯。

 

ご飯は食べず、おかずは全部いただいた。

意外にも見た目より、おいしかった。

薄味だったしね。

 

食後は昼間に買っておいた果物を半分いただく。

残りは明日の朝用。

    

そして食後は、さきほど説明のあった、指定された薬を服用。

まず、レべトールを2錠服用。

 

さらに解熱剤のロキソプロフェン錠60mgというロキソニンのジェネリック薬を一錠。

テプレノンカプセル50mgという胃を保護する薬も一錠。

この2錠は半ば強制で二日間は、一日2回飲んて゛ください。

とのこと。

 

ただそのあと10時の消灯までが長かった。

熱が出たわけでも、具合が悪くなったわけでもなかったので、長く感じたのかも知れないが。

  

地デジなどのテレビ番組は見ないので、テレビカードは購入せず。

なので、暇に任せ、iPod で音楽を聴きながら、ブログ村のC型肝炎人気ランキングの上位から、しらみつぶしに読んでみる。

   

熱が出たり、貧血になったり、救急車で運ばれたり・・

継続して治療を続けてゆくと、結構強力な副作用があるようだ。

何となく油断大敵という感じだなあ・・

 

でもこういうのを読んでおくと、心の準備になるからね。

ありがたいことだ。

 

ちょっと気になったのは、みなさん体温というか平熱がかなり低いと言う点だった。

オレの場合、平熱は37度少し。

っていっても、平熱が高くなるようにしているからだけどね。

先ほどインターフェロンの注射のため来られた先生方も、どうやって高くするんですか?

と興味津々の様子だった。

  

 1003hospital14.jpg

もちろん、バイオマット・ミニを持参。

ランプ2つが点灯するくらいの温度で就寝。

  

1003hospital12.jpg

個室が一杯で、あいにく4人部屋だったため、一人「いびき」のうるさい人がいて、なかなか寝付けなかった。

こういうときに限って、メラトニンを持ってくるのを忘れるんだよなあ・・

と後悔先に立たず。

  

だが知らないうちに、10時半頃には寝入ってしまったようだ。

 

続く・・ 

   

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2014年10月 4日 17:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「バイオ・マットを使った癌の臨床報告例」です。

次の記事は「退院」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7