2014年5月アーカイブ

 

自分で揉むのは難しい場所でも、若石ローラーならしっかり揉むことができる腰痛のツボがあります。

ここはもの凄く効きますから、痛くても我慢して揉みほぐしてください。

そのツボの名前は「承扶穴」(しょうふけつ)と呼ばれています。

 

0522shofuketsu04.jpg

お尻と太ももの裏側の間です。

0522shofuketsu02.jpg 

ゴッドハンドのクマチャンも、ここはグイグイ揉むのですが、その痛いこと・・(笑)

0522shofuketsu03.jpg

後ろからだと、このあたりの位置です。

0522shofuketsu01.jpg

クマチャンの場合は、仰向けになり足を広げた状態で、正面から内側をグイグイ押します。

   

若石ローラーの場合は、まずソファーとかマッサージチェアの座面に置きます。

スイッチ部分が椅子の前にくるような向きです。

そしてソファーには普通に座り、ローラーに承扶穴の付近が当たるようにして揉みます。

承扶穴の左右方向や上下方向も揉むと、固くなっているゴリゴリに当たるわけです。

もの凄く痛いですが、我慢しながら揉んでください。

劇的によくなります。

0304roller03.jpg

床に置いて揉むよりも、ソファーやリクライニングするマッサージチェアの方が良く効きます。

   

マッサージチェアの場合は椅子を横に寝かし気味にすると、緩く当たります。

背もたれを起こすと、圧が強くなって、より効きます。

お試しあれ。

   

関連記事

     

若石ローラー

若石健康法

若石ローラー使用1カ月

側頭部を揉め! 

若石ローラー使用後約3カ月レポート

先輩からのアドバイス

コンビネーションは効く

 

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7