参院選直前特集

| コメント(2) | トラックバック(0)

国家緊急権の導入で憲法にとどめが刺される

政府与党が憲法改正の目玉として挙げている「緊急事態条項」は、一般に言われる緊急事態条項およびそれにより認められる国家緊急権よりも、さらに危険な内容となっており、すべての権力を政府に集中させようとするもので、およそ人権保護や三権分立という立憲主義の考え方を否定するものです。
政府は、自然災害等が起きた際に、それを口実に緊急事態を宣言し、さらにその期間を一方的に延長して、私たちの人権を制約し続け、立法権を含むすべての権力を独占し続ける恐れがあります。

waytohappiness.jpg

3分の2の議席を取られると何が起こるのか。 みなさんはご存じだろうか?

 

マスコミが書かない事実 

  

1990年代の冷戦時、米国は軍需産業を維持するため、北朝鮮やイランイラクを標的にして煽る戦略を決定。

米国にとっては、北朝鮮は脅威でも何でもないのが事実。

北朝鮮に脅威を与えることで、間接的に日本を煽り、軍国化させようとするのが米国の戦略。

 

植民地で搾取をしようとしてもペイしないというのが第二次大戦後の共通認識。

核の時代は、大国同士の戦争はできなくなっている。

  

中国は共産党の独占支配も汽笛として国民の支持を得るため、対外的脅威を煽るという方法ができなくなっている。

国民の支持を得るためには、経済的な発展が不可欠だということを、中国の首脳は十分心得ている。

  

日本は他の国を侵略しない島国で、多くの国に対し、経済的な発展に寄与するチカラを持っている。

そのため他国から攻撃されないという、強い条件を持っていることを自覚すべき。

    

つまり軍事力は不要なのだ。

  

今はコスト的に原発は合わず、再生可能エネルギーの方がビジネスチャンスが多い。

これが現実であり、世界の共通認識でもある。

   

日本は85%が内需で支えられている。

利権さえなければ、原発より、内需拡大に役立つ再生可能エネルギーの方が、国民にとっては遥かに有用なのだ。

  

だが、自民党はアベノミクスが失敗したので、原発と軍事で稼ごうと舵を切り始めている。

  

我々の力で、これを止めることができるチャンスが、今回の参院選挙なのだ。

投票所へ行こう!

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(2)

何が本当で、何か嘘かがネットの世界ではわかりづらいと思います。

この方は全て自分で裏をとったことしか信じない人です。

自分と全く違う考えの人の言葉のほうが
同じ考えの人の話を聞くより、参考になるかもしれません。

選挙の最後に、すべてのみなさんへ
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=452


コメントありがとうございます。

http://trendybaru.com/8765.html

事故に遭われたようですが、ムチウチ大丈夫なんでしょうか。

この方は当選確実のようですが・・

選挙の結果が楽しみです。

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2016年7月 9日 18:18に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「7.10参院選の開票まであと1日」です。

次の記事は「まだ決めていないあなたへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.4