SONYα7R II 

| コメント(2) | トラックバック(0)

ソニーα7R2 からの続きであります。

車中からは、このように背面の液晶モニターを見ながら撮ったのですが・・

1008yodobashi10.jpg

マニュアルフォーカスによるピント合わせモードでは、ピントが合っている場所が赤く表示されます。

 

液晶画面には、下のような様々な情報が表示されます。

   

1008-7R2-manualF2.jpg

   

オートフォーカスモードでは合焦時、下の写真のように、左下に緑のマークが出ます。

ただ、どこにピントが合っているのかをチェックしなければならないので、車では使っていません。

1008yodobashi09.jpg

ソニーのシャッターを押しながら、KISS X4  + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS のシャッターを押す。

なもので、ブレてました。(笑)

     

1008pint01.jpg

マニュアルフォーカスだと、このように、前の車にピントを合わせないようにも撮影できます。

左側の白いバンやもっと奥の部分にピントが合っています。

絞りを開け気味にすると、こういう効果が顕著になるため、やりやすくなります。 

 

オートフォーカスだと、ほぼ間違いなく、正面にいる緑の車にピントが合います。

じゃあといって、キヤノンのようにオートフォーカスで合わせておいてから、レンズのフォーカスリングを回して微調整する。

ということはできませんでした。

 

レンズかカメラのフォーカスモードを変えないと移行できないのがちょっと残念です。 

 

ですがレンズアダプターを使わず、ソニー純正のレンズだと、こういうことができるのでしょうか・・

ちょっと気になります。

         

1008yodobashi12.jpg

このようにUSBケーブルでカメラ内のバッテリーを充電しながら撮影できます。

この方式だと、バッテリーの減りを全く気にしなくていいわけです。

車中からの撮影だと、こうした点の使い勝手がよくて、嬉しいです。

     

1008yodobashi13.jpg

USBケーブルを抜き、バッテリーを充電していないときは、右上の表示がこのように変わります。

現在バッテリーは満充電の93%という状態です。

 

 

以下は全て SONY α7R II + EF24-70mm F2.8L II USM  で撮影。

車載カメラホルダー  にセット。

1008pint02jpg.jpg

なので今回は全てマニュアルフォーカスモードで撮影しました。

絞りを5あたりにすると、これくらい手前の看板から奥までピントが合います。

       

1008pint03jpg.jpg

結構な逆光の状態ですが、看板もクッキリとピントがあっています。

さらに左前方のトラックの荷台の上の光り具合もしっかり描写。

逆光にも強いという印象を持ちました。

  

1008pint04jpg.jpg

帰りは湾岸線への入り口まで遠かったため、中国自動車道を利用。

途中の休憩所でのショット。

4000万オーバー画素の威力でしょうか、緑の木々の解像感が凄い。

 

1008pint05jpg.jpg

休憩所の建物内で撮影。

オリジナルサイズで見る解像感は凄まじいの一言。

    

1008pint06jpg.jpg

遠くの車のナンバーも読めてしまうので、ボカすのが大変です。(笑)

       

1008pint07jpg.jpg

左前方から光が当たっていて、この写りです。

    

1008pint08jpg.jpg

EF24-70mm F2.8L II USM は手振れ補正が付いていないのですが・・

カメラ内の「5軸ボディ内手ブレ補正機構」の効果が凄い。

 

1008pint11jpg.jpg

角度ブレ(Pitch/Yaw)に加え、シフトブレ(X/Y)、回転ブレ(Roll)など、さまざまなブレに対して5軸でブレを検出し補正するという。

   

1008pint12jpg.jpg

手前のトンネルの内壁は、シャッター速度が遅めのため、流れています。

ですが奥の車はそれほどブレていません。

5軸ボディ内手ブレ補正機構の威力です。

     

1008pint09jpg.jpg 

トンネル上の工事中表示もブレずにクッキリ。

路面はこういう滑り止め舗装のため、細かい振動が出ているのですが・・

こういう路面は、C6のハイドロが素晴らしく振動を吸収するのですが、それにしても、ちょっとビックリ。

      

1008pint10jpg.jpg

逆光が美しい・・

左上から照明が差しこんでいますが、その光の描写がこれまた凄い。

    

1008pint13jpg.jpg

ですがこのショットでは、逆光の中の車はきちんと描写されています。

手前へ流れるブレが速度感を表現しながらも、奥の車は上下左右にはほとんどブレずに写っています。

       

1008pint14jpg.jpg

緑の木々の描写が美しい。

 

1008pint15jpg.jpg

しかもこの2枚は逆光での撮影ですからね。

    

1008pint16jpg.jpg

強い逆光では、影の部分と直接光をこのように描写するんですねえ・・

これには驚きました。

    

1008pint17jpg.jpg

これもそうです。

車の振動を受けながらも、右側の「すすき」を、これだけ表現しているとは・・

      

1008pint18jpg.jpg

こうして編集してみると・・いやあ凄いカメラだということがわかりました。

        

        

今日撮った写真 人気ランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです。^^;

down.gif 昨日の48位から13位に! 

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

 

みなさん、ありがとうございます。

  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(2)

AF後のマニュアルフォーカスですがSONY機ではDMFという名前で調べれば同じような事ができるはずです
SSMならAFモードでもいつでもくるくる回せるはず
アダプターを介した場合はどうなんでしょうねぜひお試しを

AF後のマニュアルフォーカスですが、レンズアダプターでCANONレンズを使う場合は、DMFが選択できないんですね。

SONYのレンズだとDMFでバッチリなんですが・・

なので、CANONレンズを使うときは、オートかマニュアルモードかのどちらかを選択しています。

コメント、ありがとうございます。

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2015年10月10日 17:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「蔓延する「ぶらぶら病」」です。

次の記事は「悩みは尽きず?!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.2