効果の検証

| コメント(0) | トラックバック(0)

704日目(約1年11ヶ月)

酸素カプセルは何故効くのか?の続きであります。

今回はカミさんと父のケース。

まず父は、今の段階では、その効果は、よくわからないらしい。

私の見るところ、90歳という年齢を考えると、もう少し頻度を上げる必要があるようだ。

  

次にカミさんがもの凄い反応だった。

これにはびっくり。

宿便がドッと出たのはいいけれどリンゴ大だったため出口損傷。

 

妙な時間に、酸素カプセルの受付で合ったので妙だなと思ったのだ。

あとで聞くと、痛みに効くというので、来たのだという。納得。(笑)

   

おまけにカミさんは背中のしぶとかった凝りの盛り上がりがなくなり、お腹のゴロンとした「しこり」のようなものが、なくなったのだという。

お腹のゴロンとした「しこり」のようなものについては、このままだと、一度病院へ行って調べて貰わなくては、と言う段階まできていたそうで、とにかくもの凄い喜びようだった。

 

これを機に、酸素カプセルへ入るという行為の迷い、というか「ホントに何か効果があるの?」という疑惑は、宿便と共に去りぬ。字余り。(笑)

この時点で1時間コースが10回目以内くらいの時点での話だ。

   

確かに便が堅くなく、適度な柔らかさになり、非常に便通が良くなることを、私も体感している。

父は便秘薬を飲んでいるというのだが、薬をやめて、カプセルへ入る頻度を上げた方がいいだろう、とアドバイス。

 

ま、どちらにしても私が独断で予約して、連れて行くわけだが、今は週一のペース。

嫌がらずに、喜んでいるようなので、やはり何らかの良い影響を感じているのだろうか。

   

私はセミナーのあるときは、時間的にダメなのだが、それ以外のタイミングで、結構マメに朝一番の時間に通っている。

とにかく、アタマの中の集中力のフォーカスが、ビシっと合うというか、ピントがシャープになったかのような、案配だといえばいいだろうか。

 

仕事でのコマンダーとしての、集中力がどの程度だったのかは、翌日のチャートを使った検証で、ある程度わかるのだが、この日は朝イチで行った日だった。

おまけにで「昼寝なし」ですぜダンナ。(笑)

 

とにかく疲れて眠くならないのだ・・

効果は3日ほど続くと言うが、確かにこちらを見ると、そうかも知れないなと思う。 

   

で、ある日、ふと、あることを、思いついたのだ。

 

続く・・


 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2011年10月15日 18:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「酸素カプセルその後」です。

次の記事は「自閉症と酸素カプセル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7