高濃度マイクロバブル湯

| コメント(2) | トラックバック(0)

568日目(1年199日)

入浴のたびに書いておこう、と思いながら書けなかったので今日は何としてでも!

という決意で書き始めたわけですが・・

 

何が?って?・・そうでした。(笑)その「気持ちよさ」について書いておきたかったのです。

浴槽に全身を浸してから約二分間の気持ちよさを、果たして文字にすることができるのか?

という思いが今まで書けなかった原因なのかもしれません。

24時間風呂にしてからは、マイクロバブル発生装置のスイッチは入れっぱなし。

つまり、浴槽のお湯は、もの凄く濃いマイクロバブルのお湯になっているはずなのです。

私が察するところ、この濃さが気持ちよさにダイレクトに関係しているのではないかと。

 

お湯の温度は41度に設定してあるため、浴槽へ入った直後というのは、お湯が少し熱く感じられます。

特に朝寝起きの場合は、特にカラダが冷えているためでしょう、よりそう感じるのですが、それは足先を湯船に入れたときだけ。

全身をお湯に沈めると、心地よさが全身を包み込み、しばし何も考えられない状態に陥るのです。

もちろん蛇口をひねりお湯を出した状態で、H1に付け替えたシャワーヘッドを、浴槽の中で握りながらです。

 

約2分ほどで、カラダは急速に暖まり、今度は不思議なことに、お湯がぬるく感じられるようになります。

この変化の大きさにも、毎回驚いているのですけどね。

 

とにかくよく暖まるので、キッチンタイマーで10分にセットして、それを目安にしています。

暖まりすぎると、汗が止まらず、ガウンがびしょ濡れになるからです。

 

約2分間、心地よさと幸福感に包まれる感覚が全身に広がり、思考停止状態になって、いわゆる「無」の境地にも似た状態になるため、これが病みつきになるのです。

24時間風呂にしてからは、温泉に行きたいとは全く思わなくなったのも、大きな変化です。

 

このすべての変化は、マイクロバブルのお湯の濃さが高くなるために起こるのではないかと考えています。

わざわざ問い合わせるほどのことでもないのですが、この件について、いつか機会があれば、大成さんに聞いてみようと思っています。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(2)

ハッチ殿

この入浴法には、非常に小さくない意味があると思います。また、このような入浴事例はなく、その点でも希少価値があると思います。ただし、何が、そのようによい効果、ここちよい効果をもたらしているのか、これにつてはいろいろな角度から検討してみる必要があるように思います。連続運転で風呂の水質が本質的に変化した結果だと思われますが、それは、また、具体的にどう変わったのかの問題になります。また、おそらく、単なる水質変化の問題に留まらず、その奥に重要な何かがあり、それに関する探索について、あれこれと思いを巡らしているところです。それにしても、ちょっとした示唆で、ユニークな使用法を見出されるのですから、大変、おもしろくてふかい、そしてゆかいな話だと思いました。
マイクロバブル博士

コメントをありがとうございます。

とにかく、最近やることなすことがスムース。

マイクロバブル風呂の強力な血行促進が指圧と相まって、自分では意識していないにもかかわらず、思考パターンが予想以上に良い方向へ働いているのかもしれません。


とにかく入浴時に「心地よさ」があたかも天国で夢を見ているような、気分に浸るいうことが、脳に非常によい影響を与えているのではないかなと、勝手にプラシーボ効果を働かせている次第です。(笑)

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2011年5月29日 07:59に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ゴールデンウィーク大作戦は一応終了」です。

次の記事は「復興とマイクロバブル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2