高濃度ビタミンC点滴

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

オゾン・クレンジング4回目の翌日6月24日の火曜日に、高濃度ビタミンC点滴を初体験。

0623matsumoto02.jpg

1日100g超の超高濃度ビタミンC点滴療法 体験談  がきっかけ。

  

抗ガン剤は無力とアメリカ国立がん研究所所長上院公聴会で証言
http://blogs.yahoo.co.jp/mongoru825/8151936.html

1985年アメリカ国立ガン研究所所長が上院公聴会で抗ガン剤は全く効果がなく、無力と証言!これによって医学会は方向大転換をした。代替医療を取り入れてからは、ガンの死亡率は低下。

 

などといったことも頭に入れ、一度体験してみようというわけだ。

  

高濃度ビタミンC点滴は、いつものかかりつけ歯医者や、同じビルにある循環器科でも実施していることは知っていたので、早速循環器科へ。

なにしろ同じビルの中なので、自宅からは3分という至近距離。

早速先生に点滴をお願いする。

だがG6PD検査を行ったあと、4日から5日後の検査結果を待ってからだという。

   

G6PDスクリーニング検査の詳細ははこちら

オゾン・クレンジングでビタミンCも点滴してもらっていたので、大丈夫ではないですか?

と食い下がったが、「欠損症だと死にますよ」と・・

という顛末で、どう頑張っても、検査をしないとダメだというので、とりあえず退散。(笑)

      

0623matsumoto01.jpg

 

仕方ないので、オゾン・クレンジングを受けている芦屋へ電話で確認してみる。

高濃度ビタミンC点滴を受けたいのですがというと、検査なしですぐにできますよと。

なんたる違い。

どうなっているのかワケワカメ。 

 

実施前に担当の松本先生と面談。

G6PD検査について訊ねてみた。

日本人で重症の急性溶血性貧血発作を起こす割合はもの凄く低いという。

 

さらに、もし該当するケースであっても、いきなり命に関わるようなことにはならないのだそうだ。

該当した場合、点滴を始めると、すぐに具合が悪くなるので、そうなったときにはステロイドを注入すれば問題ないと、キッパリ。

「馬渕さんはオゾン・クレンジングで何ともないのだから、絶対に大丈夫ですよ」とのお墨付きだった。

   

高濃度ビタミンC点滴の場合、オゾン・クレンジングと違って針がかなり細いらしく、針を刺すときに全く痛くなかった。

ビタミンC自体は20グラム だがマグネシウムなどが入った溶液量は約200CC。

この量を点滴するわけで、量的にはオゾン・クレンジングの2倍。

なので所要時間は約1時間。

   

途中でよく目が見えるようになるのは、オゾン・クレンジングと似ている。

あとは、特に体感的に変化なし。

    

0623matsumotoparking01.jpg

  

ただ半日くらいは、2時間おきくらいに「小水」つまり、おしっこに行きたくなったのが、普段と違う点だった。

夜には収まったのだが・・

  

ただオゾン・クレンジングの翌日だったので、そのあと何が効いて調子いいのかは不明。(笑)

  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2014年7月 7日 21:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「外側の足首周りを揉め」です。

次の記事は「自分でできる!効果的ストレッチ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.7