おとめ塚温泉

| コメント(0) | トラックバック(0)

otomedukaspa.jpg

 

この週末は、月曜日の米国マーケットが休場のため、3連休モード。

というわけで日曜の早朝に、カミさんがおとめ塚温泉へ行くついでに私も同行。

 

何と半年ぶりの温泉であります。

マイクロバブル風呂に慣れているため、どのように違うのかがよくわけるはず。

 

というわけで一路、おとめ塚温泉へ。

まずの第一印象は、お湯が熱かった。(笑)

 

自宅では38度から39度の湯温のため、41度を超える温泉はとても熱く感じるのですよこれが。

なのでお湯に10分も浸かると、すぐ水風呂へ。

 

1時間後にロビーで落ち合うということなので、このサイクルの回数を増やしての入浴。

体がすぐに温まるようになったのでしょうか・・

 

次に、汗の出方が違う。

温泉では大粒でダーッと出るのに比べ、マイクロバブル風呂は、もっと小粒の汗がジワジワ滲み出るというような違いといえばわかりやすいでしょうか。

 

久しぶりの水風呂は気持ちよかったけれど、疲れの回復という点から見ると、温泉はあまり魅力を感じなくなっている、ということが判明。

  

ここからは、オマケ。

日記「消えるCS5」でご紹介したフォトショップCS5のスポット修復ブラシツールを使って「おとめ塚温泉」の写真で遊んでみました。

otomezuka01B.jpg

さて上と下の写真では何が違うのか? ヒントはブルー。

otomezuka01B-2.jpg

それぞれの写真はクリックで拡大します。

 

otomezuka02B.jpg

上の右側の自転車を消したのが下の写真。

ちょっと強引か・・拡大するとすぐバレるけどね。(笑)

 

でもこれだけの自転車をそれほど手間をかけずに消せるのですから。

もっと時間をかければ、かけた時間に比例して、自然に仕上がりますが、今回は遊びなので、ご勘弁を。

でも、根性がないときでも、消してみようとかな、と思わせるその操作の簡単さには脱帽であります。

 

otomezuka02B2.jpg

下は電柱と電線を消した写真。やっつけ仕事なので細部の怪しさには目をつぶってください。(笑)

otomezuka02B3.jpg

 

otomezuka03B.jpg

上の写真では右側に人がいますが・・下では消えています。

それ以外にいくつかあるんですが、自然なのでわかりにくいかもしれません。

otomezuka03B2.jpg

拡大するとよくわかりますけどね。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

この記事について

このページは、hatchが2010年7月 5日 23:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「バージョンアップ」です。

次の記事は「体調回復テストデイ?!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6