2013年1月アーカイブ

iPS細胞(人工多能性 幹細胞)の作成に関して、京大の山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞され、その後偽研究者が現れたりで、去年大きな話題となりました。

幹細胞は、いろいろな細胞に分化できる細胞のため、これを利用すれば、老化した組織をリフレシュできるという面からも、期待されているわけですが、日常生活ですでに利用できる製品が市販されています。

その、ステム・シー・ニュートリション Stem-C Nutrition をご紹介。

このアーカイブについて

このページには、2013年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.4